tabioriアプリで旅行のしおりが簡単に作成でき、共有できる!〜基本的なしおりの作り方と共有し、同時編集する方法〜

tabioriというアプリでの旅程作成がとっても便利。

特に気に入っているのが、一緒に行くメンバーに簡単に共有でき、編集しあえること。

先日の韓国旅や大山ツアーでも使えてとても便利でした!

tabioriの良いところ、共有の仕方について、ご紹介します。

私のtabioriの使い方

大山ツアーの時に、何か旅程を考えるのに良いアプリはないかと調べました。

旅のしおりを共有するアプリ”tabiori”で旅計画を立てる – Marikoさんの学ぶ日々

▲ その時のブログ

tabiori以外にも良いアプリがあったのですが、同時編集ができず、tabioriを採用することにしました。

使い始めるととても便利でした。

その理由が、

・旅程案がわかりやすい

決まった飛行機の時間や車の移動時間を記録しておけ、数週間前に考えたものの振り返りも非常に簡単

・旅程の変更がすぐにできて、共有できる

ちょっとした変更もすぐにでき、それが、すぐにほかのメンバーに共有できる。

行きたいところをそれぞれがtabioriに入れておくことで、情報が集約できるので、整理しやすい!

・リンクを貼ったり、メモがしやすい。

いざ旅に出た時も、困ったらそこに貼ったものを確認できる。

少し不便に感じる部分もありますが、運用でカバーしています。

しおりを共有して、アカウントを取得

インストール方法は、

旅のしおりを共有するアプリ”tabiori”で旅計画を立てる – Marikoさんの学ぶ日々

こちらを参照ください。

共有方法は以下の通りです。

旅のタイトルを入力して、しおりを作ったのちに、しおりを開く。

▲ 右上の設定マークをタップ。

▲ メンバー追加をタップ

▲ 共有したい方法を選ぶ。私はLINEを使っています。

▲ LINEに届くリンクをクリックして、登録を行う

旅のしおりを完成させる

韓国に行ったときの旅程。この通りにはもちろん行かないこともあるけれど、中にメモもできて、困ったらすぐに見れました。

ちなみにネットが繋がっていない場合は、オフラインモードで、閲覧だけはできます。変更はできませんでした!

ぜひお試しあれ〜。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら