insta360oneのBluetooth機能で正方形の机で写真をとってみる。〜Yes,andなアイディア出しで写真の撮り方を考える〜

沖縄でのAIFAシンポジウムが始まる前に少し時間があったので、みんなで遊んでみました。

どうやったら上手く撮れるか?を悩んでいたところ、みんながYes, andしてくれていくつかチャレンジしました。

カメラの高さや小道具を使って見たりして、良い写真が撮れたので、ご紹介します。

insta360oneのBluetoothを使って撮影する

insta360oneでは、BluetoothでiPhoneと接続して、iPhoneから撮影することができます。Bluetoothの欠点?は、撮影しながらは写真が見れないので、撮影の後、iPhoneと直接繋いで確認します。

🔼 本体の電源をつけます

🔼 iPhoneのBluetoothが使える状態で、insta360oneのアプリを立ち上げます。

🔼 Bluetoothのボタンをタップ

🔼このような画面が出てくるので、あとは、黄色のボタンで写真を撮ります。

🔼 あとはiPhoneを直接繋いで、SDカード360アルバムを選択し、写真を確認します。

四角の机で座って撮る

Bluetoothの機能を使って、色々試して撮ってみました。


🔼 机に座って、机の真ん中にそのままおくと。必ず誰かが欠けてしまうし、大きさもバラバラ。


🔼 どうしたら良いかなーって相談していたから、高さを変えてみることに。財布のようなものですこし高くしてみる。ちょっとましに。

🔼 立ってみると、今度は入らない。

🔼 これって、顔の高さくらいにしたらいいんじゃないというアイディアが出て、近くにあった、ダンボール(2Lのペットボトル)があったので、置いて撮影してみることに。ちょうど顔の高さくらいになった!そして、みんなの顔が入った!

🔼 ダンボールの上に黒いクッションをおいていたけど、見栄えが悪いよね〜と、持っていたスカーフでダンボールを隠してくれると綺麗に

🔼 というか、みんなでそのスカーフを持って、顔だけ出したらどうかなーって、さらにandなアイディアで撮ってみると、こんなにもきれいに!

🔼 同じ写真でも逆バージョンも。素敵。

わずか20分の楽しい遊びでした。

🔼 あへっ!

こちらもどうぞ

insta360oneを一年使ってみてよかったこと/ 困ったこと[まとめ]

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

私が関わっている『未来をつくる教育フォーラム2019』が東京 御茶ノ水で
2019年10月6日(日)に開催されます。

テーマは『未来を切り拓く人財育成のために・・・』

教育関係者や保護者の方におすすめプログラム!
・アントレプレナーシップ(起業家精神)を身につける実践紹介
・Social Emotional Learning(SEL)の取り組み紹介

親子(小学生)で一緒に見て、聞いて、体験してほしいプログラム!
・子どもたちが自分の意見を発表し、議論する『白熱会議』×『未来同窓会』by 下村健一氏 (モデレーター)
・2020年から必修化!小学生向けプログラミングのワークショップ!
 小学生が実際に参加できます。また、ワークショップの時間以外にも
 教育関係者・保護者向けに相談体験会を実施します。

詳細はこちら▼
「未来をつくる教育フォーラム」は今年で3回目を迎えます。今回は、常に世界を意識して教育活動を展開されている方々の活動報告と、実際に体感もできるプログラムが実現! 「未来をつくる教育フォーラム2019」で、世界標準の生きる力を育むシーンに触れてください。
皆様のご参加お待ちしております!!
***************************************

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら