いつもよりちょっとうまく写真を撮るコツ3選

一眼レフを持ち始めて7年以上。

その前から写真を撮るのが大好きだったので、写真の知識や基本を学んでから、自分なりの撮り方を見つけていきました。

めちゃくちゃうまい!というわけではないけれど、それなりに好きな写真を撮れるようにはなってきました。

友人から教えてとのリクエストもあり、お伝えすることもあり、この知識も人の役に立つんだなと思ったので、ここにも少し共有してみたいと思います。

まずは、ちょっとだけ写真が上手くなるコツ

## まずは縦と横をしっかり意識する

縦と横、つまり水平と垂直をできるだけきれいにする

歪んでいると、カッコよさがなくなってしまいます。

例えば地面や海の水平、建物の縦の垂直など、それが真っ直ぐになっているだけで、見え方が全然違います。

## 何を撮りたいかを自分の中で明確にする

なんとなく写真を撮るのではなく、

・子どもがサッカーをする躍動感を撮りたい

・綺麗な山と人をバランス良く撮りたい。

・お料理を美味しそうに撮りたい

など、自分なりの意図や意識を持つ。

そうすれば、何が写っているか、何を写したいか、など、構図を決めていくことができます。

単純に撮った写真よりもちょっと意図のある写真の方が、魅力がどんどん出てきます。

## 3分の1を意識する

これは理論として使いやすい方法です。

縦と横をそれぞれ3分の1のラインを意識してそのどこかに、被写体を入れる。

どうしても知らない人は真ん中にものを置きたくなる。

真ん中に置いてしまうと、素人っぽくなることが多い。

もちろん、真ん中に意図的に置くこともありますが、ちょっとずらす!という技を使ってみるだけで雰囲気が変わります。

## まとめ

ちょっと写真がうまく見える方法は、

・縦と横を意識する

・何を撮りたいかを自分の中で明確にする

・3分の1を意識する

です。どれもまずは、意識してみることがスタート。

すぐにできなくてもオッケー。

たくさん撮ってうまく撮れる確率を上げていきましょうー!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!