マルタでやりたかったことが 35個できた。〜6泊9日マルタ旅の思い出〜

マルタ旅行に行く前にやりたかったことを書き出しました。

マルタ旅行でやりたい48個のこと!!

▲ ここからやりたかったことがどれくらいできたか振り返ってみました。

マルタでできた(楽しめた)こと

1、バレッタの街をただただ歩く(これ大事)

▲ 一週間のうち3日も歩けました。バレッタのバスターミナルからはいろんな場所に行けるので、反対にまずはバレッタに帰ってきて少しぶらぶらして帰るってことができました。これは夜のバレッタ。

2、バレッタの思い出の場所へ行って座る

▲ 秘密基地のことはすでに何回か買いているのですか、一人で行ってもここに行くと思うくらい、何もなくて好き。大好きなvijoといけてさらに思い出が増えました。

3、バレッタの景色の写真を撮りまくる

▲ バレッタの写真って難しい。でも、撮りまくりました。

4、バレッタのゲートで写真

▲ バレッタのゲート、私が初めて来た時とは変わっちゃったんです。もう昔の話だけど。そんな歴史も感じながら、くぐることのないゲートで写真を撮りました。

6、バレッタの新しいお店is-suq Tal-Beltへ行く

▲ ここでご飯を食べたりお土産を買ったりしました。

7、アッパーバラッカガーデンへ行く

▲この景色が大好き。対岸の景色もまさにマルタらしい景色です。

8、バレッタの大砲のイベントを見る

▲ 毎日お昼12時に大砲がドカン!となります。近くで見ることもできますが、私たちは上からみました。

10、スリーマの懐かしのマルタバスで写真を撮る

▲ これは昔の写真。思い出のマルタバス。バスの汚さと扉がなくて衝撃をうけました。あと、降りたい時は天井の紐を引いてチーンとベルを鳴らす、あの感じが大好きでした。

昔はデコボコ道をこれでまぁまぁ速いスピードで行くもんだから、お尻が浮いてちょっとしたスリリングな乗り物でした。

▲いまはお土産やさんに。

11、スリーマの恋人の聖地に行く

▲ ここ(左上)は、実はフォトウェディングをした場所。写真は出しませんが、好きな場所です。南京錠がたくさんついています。重くなりすぎるので、今はつけられないそうです。

12、スリーマの大型スーパー?に行く

▲ これはTHE POINT という、最近できたファッションビルでした。恋人の聖地のすぐそばにあります。最終日に行けました!!

13、オシャレカフェに行く

▲ とにかくカフェに行きたかったんですが、偶然にもスリーマのバレッタが見える素敵カフェに出会えました。

14、バレッタの外でランチをする

バレッタのメインストリートをまっすぐいくと、有名なランチのできる広場があります。味は…ですが、なんか、バレッタでご飯食べてる!という幸せな気分になれます。

15、スリーマからバレッタまでフェリーに乗る

▲ 乗れました。何が楽しいかって?とにかくバレッタの景色が離れていく景色が見れるのが幸せなんでしょうね。他のメンバーが1Fの椅子に座る中、一人、2Fのデッキで風を感じながらバレッタの景色を見ていました。

16、バレッタに教会に行く

大聖堂にいきました。ちゃんと見たのは初めてでした。

19、パーチャビルをのぞく

私はクラブとか夜の世界はとっても苦手なんですが、マルタでおそらく一番治安の悪い?パーチャビル。笑

そこをただただ、覗きたいという好奇心。入りませんが、雰囲気を味わってきました。

21、マルサシュロックの船をかっこよく撮る

▲ マルサシュロックのルッツという目のついたボートが有名です。

22、マルタ料理を楽しむ

スリーマのお店でマルタ料理っぽいを食べました。(写真整理中)

24、ゴゾの今はなきアズールウィンドーに行く

▲ 昔の写真。それが↓

▲ いけました。もう、あのアズールウィンドウはないけれど、Maryがヨガをし始め、NataryとKateも一緒にヨガし出すし、私は寝転ぶし、すごくパワーのある場所なんだなとあらためて体感できました。

25、ゴゾ島のチタデルにいく

▲10年前に行った時は、工事中でチタデル??って感じでした。今回いくとすごく綺麗になっていて、これがチタデルかとマルタらしい建物で素敵な景色でした。

27、マルタグッズを買う(バスタオル)

▲10年前に一緒に行ったメンバーへのお土産。お披露目会で一番テンションが上がっていたのは、何を隠そう私であります。友人がお部屋になんと飾ってくれて、その息子くんが、「この街に入りたい」と言ってるそうなので、将来連れて行こうと思います。笑

28、マルタグッズを買う(トランプ)

▲ トランプ好きの私は旅先でトランプを買ってしまう。昔買ったトランプは誰かにお酒で濡らされたので(おかげで)新しいのを2つ(予備)買いました。

29、マルタグッズを買う(身につけられるもの)

▲ 今回の一番の一番高価なお土産は、ゴゾクロス(銀細工)細い銀の糸を編んでいくらしいです。ゴゾのチタデルで買いました。

30、マルタワインを飲む

マルタはワインがちょっと有名。イタリアの南にあるので、気候時に似ているんだと思いますが。スーパーやお店でマルタのワインは?って(Maryが)聞いて、いただきました。

31、地中海に足をつける

▲ 裸足で足はつけなかったけど。海のそばまで歩きました。

32、マルタのドアの写真を撮る

▲ マルタの家って、ほぼ全てクリーム色。だからなのか、それぞれの家のドアがカラフルで本当に可愛い。キュンキュンしました。

36、イムディーナでランチ

人気そうなレストランでご飯を食べました。

37、マルタっぽいお土産を買う

▲ マルタっぽいお土産。マルタマークの入ったお土産をたくさん買いました。

38、マルタマークをたくさん見つけて写真を撮る

狂ったように、マルタクロスを見て、テンション高く写真撮りました。

39、マルタでレンタカーを借りる

▲ 今回、これが実現できて本当に嬉しい。ゴゾ島にいくのにレンタカーをしました。

40、マルタで動画をたくさん撮る

たくさんとまではいかないですが動画も撮れました。

41、マルタレースを買う

▲ これもマルタの伝統工芸。ゴゾレースとも言われます。

42、マルタレースを作っているところを見る(体験したい)

ゴゾ島のビクトリアで作っているおばあさんを発見。さすがに作るのは時間がなかったけど、見ることはできました。

43、insta360oneで楽しい写真を撮る

楽しく撮れました。(写真整理中)

45、行ったことのないところへ行く(ポパイビレッジ)

▲ ポパイビレッジは、ポパイという映画のロケ地。本当は中にも入れるようですが、そこまでの時間はなかったので、景色を見にいきました。

48、ちょっといいレストランに行く

一番良かったのが、バレッタの最後のレストラン。検索クイーンのKateが見つけてくれたお店。一番美味しかった!!

できなかったこと。

5、バレッタの地下に行けないか?

↑エレベータができていたので、いけそう?

9、スリーマの海沿いの椅子に座る

17、マルタの伝統工芸(銀細工)を体験する

↑そんな時間がなかった。

18、セントジュリアンのハイエストビルディングへ

↑昔、上の方のバー?に行った。けど今回それどころじゃなかった。

20、ランプーキを食べる

↑昔ホストマザーにマルサシュロックで食べなさいと言われた白魚。今回は、食べませんでした。

23、うさぎ料理を食べる

↑今回は食べなかった。

26、ゴゾのソフトパンに行く

↑いく時間なかった

33、インガーディアンを見る

↑タイミングよく見れそうだったのに、まさかの中止。でもカーニバル見れた。

34、思い出の本屋さんに行くinバレッタ
35、思い出の本屋さんに行くinスリーマ

↑マルタ語の勉強のため、本屋に昔は通ったけど、探すのを忘れていた。笑

44、セントジュリアンの砂浜でぼーっとする

↑ホテル近くセントジョージーズベイという砂浜なのですが、一週間前の大嵐の影響で、木とかが散乱していたため、ぼーっとできず。

46、行ったことのないところへ行く(タ・アーリ工房村)
47、行ったことのないところへ行く(wied il-Mielah)

↑そんな時間がなかった。

まとめ(ふりかえり)

ということで、また、マルタには行かないといけないようです。

マルタって淡路島の半分の小さな国なのに、こんなにもやりたいことがあるなんて不思議。

今度広島県内へ旅する予定なのですが、面積を比べて愕然。

広島県 8477㎢ >  マルタ 316㎢

ケタガチガウヨ!!

そんなマルタが大好きです。出会いに感謝

こちらもどうぞ

マルタに行く前に知っておきたい基礎知識~6泊9日 女性4人  マルタ旅行[まとめ]~

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら