大阪から車で朝10時に行くびわ湖テラス(びわ湖バレイ)〜湖西の展望エリアと恋人の聖地から琵琶湖を一望し,ランチのビュッフェを楽しむ〜

大阪から近い!ホームページの写真がきれかった

たまたま両親からびわ湖テラスいかない?とお誘いがあり、最初は知らなかったのてすが、すぐにネットで調べてみました。

そうすると、

・大阪からも近い!(車で2時間くらい)

ホームページの写真がすごくきれい!

ということで行ってみました!!

大阪から車で約2時間。湖西にある志賀インターの近く!朝10時に到着!

大阪中部に住んでいますが、そこから、車で約2時間で到着しました。

場所は、琵琶湖の西側、志賀インターの近く!電車だと、志賀駅が近いです。

朝8時過ぎに出て、10時前にびわ湖バレイのロープウェイ山麓駅の駐車場に到着しました。

4月20日の土曜日だったのですが、10時にはすでに結構、車がありました。

▲ 私が止めた駐車場の様子。ロープウェイ山麓駅から少し下の駐車場でした。

▲駐車場はたくさんあるので、少し下にいけば、まだまだ止められます。

▲この階段を登って、山麓駅へ行きました。

朝一でロープウェイを登る

10時に行ってロープウェイ乗り場へ。

▲乗り場の前ではイベントやお店かありました。

ロープウェイは、15分に1本ありました。

▲ ロープウェイ乗車券を購入。乗り場に並びました。

▲ 営業時間。

ここのロープウェイは日本一速いロープウェイなんだとか。

実際には景色を見るためにそんなに早くしていないそうです。

▲ 120人定員で、大きめのロープウェイです。

まだ10時15分の時点では、そこまで混んでいませんでした。

▲ 景色をみながら、5分程度で山頂に着きます。もう一台とすれ違う時。

琵琶湖を一望できる展望エリアへ

ロープウェイを降りて展望台へ

▲ 道も木の感じですごく素敵。

▲ オープンなカフェ。4月下旬でしたが、晴れていたので、若干暑かったです。

▲ 琵琶湖を一望!!晴れていたのもあってとてもきれいでした。


▲ お約束の影。

恋人の聖地(湖空の鐘)

展望エリアから少し下ったところに恋人の聖地が。

▲ 展望エリアがハート型に。可愛いデザイン。

▲ 湖空の鐘からの景色。

ダイニングレイクビューでビュッフェ

最後にダイニングレイクビューでビュッフェを食べて帰りました。

席数が多かったです。10連休の前の週だからか、11時半の時点でそこまで多くなかったです。

▲ 優しい味でいろいろ食べれておいしかったです。

▲ +1000円でお肉が食べられます。

かかった費用は?

車の駐車場代   : 1000円
ロープウェイ   : 2500円
ビュッフェランチ : 1800円

でした。

まとめ

天気もよく、本当にきれいでした!!!

朝早めに行けて比較的空いていてよかったです。

昼に近づくにつれて、人が多くなるのがすごくわかりました。

朝早めはスムーズにいけておすすめです。

恋人でも、家族でも楽しめると思います。

駐車場に降りてきた琵琶湖を見ても綺麗だった。

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか『わたしに...
***************************************

ライン公式アカウントの登録をよろしくお願いします。



現在、レジリエンスに関する情報をライン公式アカウントのタイムラインに少しずつアップしています。

不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら