マルタ島北西部にある映画『ポパイ』の撮影地アミューズメントパークにもなっているポパイビレッジにゴゾ島の帰りにレンタカーで行く〜対岸からかわいい景色を眺める〜

マルタ島北西部にある、ポパイビレッジ。

映画『ポパイ』の撮影地になった場所で、マルタの景色の中でも唯一、マルタの有名な景色とは違う雰囲気ですが、とてもかわいい景色の場所。

ゴゾ島に1泊2日の帰りに行くとスムーズに行けて、わずかな時間ですが、ポパイビレッジの景色を眺めて帰りました。

ご紹介します。

ポパイビレッジはマルタ島の北西部

ポパイビレッジは、マルタ島北西部にあります。

マルタ島北部のゴゾ島へ行くためのCerkewwa港から、車で15分ほどで到着します。

大きな道路から少し入った海沿いの場所にあります。

この一角だけ、別世界のようで、突然現れます。

 

▲ 対岸に少し車を止める場所があり、止めて写真を撮りました。

過去3回マルタに行きましたが、行ったことがない場所でした。

今回もゴゾ島に1泊2日でレンタカーで行ったので、その帰りに行くことができました。

ちなみにセントジュリアンから車で40分弱です。バスでいくと1時間くらいかかります。

今、マルタの隠れ人気スポットとして注目を浴びているのが、「ポパイ」の実写版が撮影された「ポパイ村」。マルタの美しい海とレトロでカラフルな家々が立ち並ぶポパイの村は、まるで絵本から飛び出したような可愛らしい街並みを作っています。「ポパイ村」では実際にポパイの家に入れたり、来場者参加型の映画撮影があったりと他では体験できな...

▲ バスの行き方はこちらを参考に。

映画の撮影地でかわいい街を対岸のフォトスポットから遠目で眺める

ポパイビレッジは、映画『ポパイ』の映画の撮影地で、私は入らなかったのですが、中はアミューズメントパークになっているらしく、映画の世界を楽しめます。

私は、あまり時間がなかったので、対岸の崖の上から眺めて、楽しんで帰りました。

マルタ島を訪れたらぜひ足を運んでもらいたいのが、映画『ポパイ』の舞台となった「ポパイビレッジ」。テーマパークとしてお子様連れにもぴったりなスポットであるとともに、まるでアニメの世界から飛び出してきたか...

▲ 入場料など、こちらを参考に

レンタカーならゴゾ島からの帰り道に行くのがおススメ

少しハードルが高いかもしれませんが、ある程度車の運転ができる方はレンタカーで行くことをオススメします。

マルタのバスはあんまり時間に正確ではないので、ゴゾ島にいく帰り、または行き道にレンタカーで寄るととても行きやすいです。

ゴゾ島に1泊二日で行ったかえりで、私はあまり時間がなく、短い時間よっただけですが、可愛い景色を見れてよかったです。

もう少し時間を作って、ゆっくり中に入るのも楽しそう!

 

こちらもどうぞ

マルタに行く前に知っておきたい基礎知識~6泊9日 女性4人  マルタ旅行[まとめ]~

7泊9日のマルタ旅行のスケジュール~女性4人の楽しみ方[まとめ その2]

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら