阪神戦を甲子園球場、京セラドーム、名古屋ドームで楽しむ[まとめ]〜内野席からの眺め〜

私の家族が野球大好きなので、結構野球を見に行きます。

父を筆頭に家族がホークスファン、パートナーは阪神ファンです。

ですが、実は私自身、スポーツを自分からあんまり進んで見ないんです。

ただ、野球観戦の英才教育は過去受けていたので、球場での野球観戦はそれなりに楽しく観戦しています。

旅行好き×野球好きの父は、常に野球を見に行くために、旅程を立てるプロです。

福岡ドーム2日観戦、それ以外で観光なんてことも。(行き先は野球があるところに決まっていたのかと思います)

パリーグしか見ることがなかったのが、交流戦のおかげで、セリーグとの戦いも見れるように。

おかげさまで、6大ドーム(札幌、東京、西武、名古屋、京セラ、福岡)には、全て行きました。

その他、球場は、仙台、グリーンスタジアム、以前の広島球場、マリンスタジアムなども行ったことがあります。

このブログを始めてからは、パートナーと甲子園に行くのがほとんどなので、いろんな席に行って満喫しています。

それぞれの席から見える景色、Marikoさん的楽しみ方をまとめておきます。

甲子園

甲子園で野球観戦!といっても、いろんな席があります。

私は外野席の席と音が苦手で、必ず内野で観戦しています。

席によって、見え方、シートの条件が違うので、比較してみると楽しいです。

SMBCシート

甲子園球場のSMBCシートで阪神戦を楽しむ – Marikoさんの学ぶ日々

▲ 年間シートであるSMBCシート。とても前で選手との近さに感激しました。荷物をS字フックでかけているのに驚きました。

グリーン上段シート

グリーン上段シートで阪神戦を楽しむ – Marikoさんの学ぶ日々

▲ 少し距離はあるものの、個人的には遠目からゆったり見れました。バックネットの近くから全体が見れます。グリーン上段シートのチケットは、プレゼントがもらえるのも嬉しい。

アイビーシート

阪神戦を甲子園 アイビーシートで観覧!〜私の野球の楽しみ方〜 – Marikoさんの学ぶ日々

▲ 外野よりのシートで、後ろの方ですが、遠目で見れます。屋根があるので雨でも安心?

京セラドーム

夏は高校野球を甲子園でするので、阪神戦@京セラドームになります。

個人的には涼しいドームで見られてありがたい。

3塁側 スタンド3塁側 下段

京セラドームで阪神戦を楽しむ – Marikoさんの学ぶ日々

▲ ファールボールが来そうで怖かったけど、近さは楽しめました。

バックネット裏からの景色

京セラドーム バックネット裏で阪神×ヤクルト戦を満喫する – Marikoさんの学ぶ日々

▲ やっぱり、バックネット裏からの景色は好きです。

ホークス 鷹の祭典

鷹の祭典in 京セラドーム!!で野球観戦!! – Marikoさんの学ぶ日々

▲ これまた、バックネット裏に行きました。(こっちはビジター)小さいころからの刷り込みで、やっぱり、ホークスファンかもって思った一日でした。

名古屋ドーム

私にとっては最後のドームとなったのが、名古屋ドーム!

これにて6大ドーム制覇となりました。

名古屋ドーム 内野SS席(ビジターシート)で野球を楽しむ – Marikoさんの学ぶ日々

▲ ビジターの内野の真ん中らへんです。駐車場はあらかじめ予約していきました。初めて行ったので、ドーム内を回るのも楽しかったです。

Marikoさんのまとめ

野球観戦の座席の楽しみ方はさまざま。

盛り上がりって楽しみたい人はおそらく外野席の方が楽しいと思うし、私のようにゆっくり見たい人は、ご紹介した席などがオススメ。

内野は外野と比較するとどうしても高くなりますが、私としてはとても快適です。

ぜひ参考に選んでみてください!

***************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。



ライン公式アカウントを始めました!

不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら