大阪から車で初めてのナゴヤドームへ〜阪神×中日戦を内野SSシート(ビジターシート)で野球観戦、楽しみ方〜

大阪から車で初めてナゴヤドームへ行きました。

阪神戦をビジターシートで他の球場で見れた。

阪神戦はこれまで甲子園でしか見たことがありませんでしたが、初めて、違う球場(ドーム)で阪神戦を観戦しました!!

大阪から車で、名古屋までは3時間ほど。

名古屋も楽しむべく、前泊してみました。

野球観戦で6大ドームを制覇したかった

私はホークスファンの家に育ったので、小さい頃から球場やドームへよく連れて行ってもらっていました。

旅行はほぼ野球を見に行くためじゃないかと思う時もありました。笑

そんな私が唯一行っていなかったドームが名古屋ドーム。(ホークス✖️中日の交流戦で家族が行く時に、たまたま行けず、私だけ行けなかった)

念願の記念すべき6大ドーム制覇となりました!!

チケットの取り方とチケット代

チケットぴあでチケットを一ヶ月ちょっと前くらいにとりました。

内野SS席は一人7000円と若干お高め。一緒に、駐車場代2500円も購入しました。

私は内野席がいいので、内野席で選んだのですが、せっかくなので、少しいい席にしてみました。

ちなみに内野B席で4000円、A席で5000円、S席が6000円です。

ぴあで決済後、コンビニで発券しました。

ナゴヤドームへ車で行く

行ったのは、5月の第三日曜のデーゲームでした。

12時半過ぎくらいにドームに行ったのですご、駐車場に入る時、若干混んでいました。

駐車場には、あらかじめ購入した駐車場のチケットを渡して入りました。

私が行った日は、屋外の駐車場はある程度は空いているように思いました。おそらく、早めにいけば、屋内の駐車場に入れるのかと思います。

ただ、帰りは一斉に車が出ようとするので、一時間くらいかかる時もあるみたいです。

私たちが見に行った日は、阪神が惨敗だったので、8回が終わった時点で出たので、すっと出れました。

内野SSシート(ビジターシート)から観戦

▲ 内野SSシートから景色。

3塁側29列の125-126番でした。

私たちの席は真ん中より少し前くらいで、まぁまぁ近く見えました。

球場の施設を散歩

球場やドームに行くと、必ず散歩をします。

名古屋ドームで面白かったのは、フードコートがあること。

ちゃんと座って食べられる。

私たちは試合が始まる30分くらい前に行ったので、かなり並んでいたのでフードコートで食べるのはやめました。

▲ 行かなかったけど、ドアラカフェもあった。

ということで、私たちは、簡単に食事を済ませました。

あと、ドラゴンズのミュージアムもある。

途中でおやつでチュリトスを食べました。

名古屋ドームをぐるぐる回っていて思ったのは、モニターがいい位置にたくさんある。

歩きながら見ても次々と、モニターが現れる。

感覚的ではあるけれど、すごい見やすいなぁと思いました!!

阪神は惨敗!申し訳ないけど、早めに退散しました。

こちらもどうぞ

私の家族が野球大好きなので、結構野球を見に行きます。 父を筆頭に家族がホークスファン、パートナーは阪神ファンです。 ですが、実は私自身、スポーツを自分からあんまり進んで見ないんです。 ただ、野球...
**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら