手作り斜め掛けスマホケース 第四弾〜ミニお財布になるiPhoneケース〜

前回、スマホケースを作ったんですが、使う中で少し使いにくさも感じたので、新たなケースを作ってみました。

前回の課題と今回の作品をご紹介します。

前回のよかったことと、課題

これまで、旅グッズとして、3種類作ってきました。

それぞれ、良さ、特徴がある一方で、私にとって使いにくい点もありました。

今回は、その課題をクリアした新たなケースを作りたいなと思っています。

手作りななめ掛けiPhoneXケース!旅グッズの準備

▲第一弾 iPhoneだけのケース

良さ:軽い、サイズがぴったり
課題:カードを入れたい

旅仕様の最小限の貴重品入れ(肩掛けカバン)を手作り〜スマホ、パスポート、お札、小銭、カードを入れる〜

▲ 第二弾 お財布にもなるケースで韓国旅に持って行きました。

良さ:パスポートも入る。
課題:取り出しにくい。パスポートがなければ少し機能が多いので国内旅行で使いにくい。

iPhone X用カード入れ付き肩掛けケースの作り方〜フェルト生地と刺繍糸で大好きなマルタ柄を手作り〜

▲ カード入れ付きケース

良さ:カードが入れられる。サイズがコンパクト
課題:お金が入らない。

私の旅スタイルは、最小限の貴重品と一眼レフだけを持っていくスタイル。

マルタ旅では、ついにウェストポーチデビュー。

カメラ好きの私がマルタ旅までに準備したこと〜カメラ関連の持ち物と街歩きに持ち歩くグッズ編〜

ウェストポーチには、充電器を入れるや自撮り棒を入れるので、スマホやちょっとしたお金、クレジットカードはすぐに出せるようにしたい!

というのが、このカバンの目的です。

スマホケース/簡易財布の作り方

今回も役に立たない作り方をご紹介します。(すみません。笑)

今回の特徴は、

・お金を折らずに入れられる。
・カードが入れられる。
・ちょっと小銭も入れられる。

▲ 生地はこんな感じで切りました。スマホとお札のサイズに合わせて記事を切りました。

肩紐は前に作ったものをリサイクル。

1、ファスナーを綺麗に。

▲ ファスナーのサイドに布を縫います。

※ 私が作るときには全てステッチをして縫い合わせている簡易版です。

2、ファスナーの周りに布をつける

▲布をいいサイズで切り、ファスナー合わせたサイズにします。

▲ 本当は正しい縫い方があるようですが、私はただただステッチして裏表まとめて縫い付けています

▲ その続きにビニールを縫う。これも裏表生地をそれぞれまとめて縫い付けています。

3、カード入れを作ります。

▲中に仕切りにもなり、カード入れにもなる生地を作ります。

4、ファスナーに表の記事と仕切りを縫い付けます

5、ビニールのサイドを縫い付けます。

▲ビニールの周りにも布を縫い付けます。

6、紐をつける

▲ ファスナーの裏側に、肩紐をつけます。

7、サイドを縫う

写真はないんですが、ファスナーを裏側にして、サイドを縫い合わせました。紐の部分は縫わない方がいいです。

そして、ファスナーのところからひっくり返して、最後肩紐の部分だけ、必要な場所を手縫いして完成!!

企画してから6時間くらいで完成しました。

さて、次の旅は、これで行きたいと思います!

最新情報をチェックしよう!