旅仕様の最小限の貴重品入れ(肩掛けカバン)を手作り〜スマホ、パスポート、お札、小銭、カードを入れる〜

カメラ好きはとにかく荷物が多い。一眼レフを持つだけでも重たい。

さらには、insta360ONEや自撮り棒、、、貴重品やスマホ。

歩くときだけでもスッキリ歩きたい!

iPhoneXに変えてから、スマホが入るぴったりサイズの肩掛けカバンがなくて、アイデアを考えていたところ、、、

ひらめいたのです!!

細かいところはボロがあるけど、なかなかの出来栄え!!

作り方があまりにひどいのですが、、、ご紹介します。

コンパクトな肩掛けカバンの特徴

前回に引き続き、マリコのマリコッメです。笑

▲完成品

今回は作りたかったのが、

▲iPhoneが操作できるようにする。

▲ 貴重品を入れるので、マジックテープで止められるようにする。(黒くてわかりにくいけど!)

▲ 小銭入れをファスナーで入れられるようにする。

▲パスポートを守るように入れる。

▲現金(お札)、クレジットカードを入れられるようにする。

これを叶えるたいけど、そこまで、裁縫の技術があるわけではない私。

でも、できれば人と同じものを作りたくない私は見本を見たり、型をとったりしない。笑

ネットの画像検索で、ひたすら手作りのカバンを眺め、そこから自分なりのアイデアを出す。

ほぼ裏返したりすると頭がぐちゃぐちゃになるので、ステッチ風に全て上から縫っています。

なので、なかなかここまで来るのに苦労しました。

でも、ひらめけば、3時間ちょっとで完成しました!!

作り方(作った流れ)

まずは、マジックテープでとじる部分から。ここには、小銭入れを兼ねたかったので、ファスナー付きで作りました。

▲ ファスナーの付け方も、我流、、、

▲ マジックテープもここでつけておく

▲iPhone入れの部分は、ビニールをつける。内側の部分、マジックテープもつける。

▲中の仕切り。iPhoneのための仕切りと、パスポートを入れるための仕切りをつくる

▲折り曲げたところに仕切りも一緒に縫っちゃう。

▲めっちゃ汚いけど、サイドは上から隠しちゃう。そのついでに、肩紐をつける。

やっぱり長さ調節ができるようにくくる。

ということで完成〜。

それでは旅に行ってきまーす。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら