大阪から新幹線で素泊まり箱根旅〜自然薯、パン屋さん、温泉、箱根湯本、湯葉丼を満喫する一日プラン〜

大阪から箱根旅に行ってきました。前後予定があったりして、2泊3日だけど、最初と最後は移動日という弾丸ツアーをしてきました。

箱根に行くまでは、箱根をどう楽しんでいいやら、ネットで検索してもわからず。

行ってから雑誌を見たりして行きたいところを発見!2日目の丸々一日箱根を満喫してきました。

ご紹介します。

大阪から箱根までの移動

【初日】

18時16分 新大阪出発。

乗り換えるのが嫌だったので、ひかりで行きました

20時35分 小田原到着。(2時間19分)

新幹線は片道 12,420円。

小田原駅からは箱根登山線で大平台駅へ。

20時58分 小田原駅 発

21時12分 箱根湯本到着。乗り換えて

▲ 箱根登山線は、スイスの登山列車と姉妹列車のようで、イメージも似ていて可愛らしい。

昔、スイスの氷河急行に乗ったことがあるので、思い出に浸りながら乗りました。

21時36分 大平台駅到着。

小田原からは440円でした。ICも使えます。

新大阪から約3時間20分でお宿の最寄駅に到着しました。

お宿に着いたのが、22時。

宿は、素泊まりで泊まりました。

箱根自然薯の森 山薬〜朝ごはんは自然薯〜

【2日目】

朝から営業しているお店を検索。するとあったのが、自然薯やさん。

7時から開いているようでしたが、私たちは8時半頃に行きました。

大平台からバスで5分ほど “ホテル前“を下車。歩いて2分くらいの場所にありました。

ぱっと見は、山小屋!!?のようで驚いたのですが、階段を降りるとすごく広々としたレストランでした。


▲自然薯の定食。ご飯は20分ほどで炊いてくれます。

▲自然薯の磯辺揚げ

実は人生初自然薯。よくテレビでは見るけれど、食べる機会はなかったので、たべれて嬉しかった!

ちょっとご飯が硬かった感じもしましたが、自然薯の味付けがすごく程よくて美味しかった!

ちょうど出る頃10時頃には、混み始めているようですこし並んでいました。

渡邊ベーカリーで、温泉シチューパン

10時過ぎ。

関東に住んでいる、もう1人の友人と合流するのに、すぐ近くのパン屋さん、渡邊ベーカリーへ。

自然薯屋さんもそうですが、このパン屋さんもテレビなどで取り上げられているそうです。

先日サンドイッチマンが来たんだとか。

有名なのが、“温泉シチューパン“

お店には10席ほど席があって、注文順に席を予約できます。

私たちも予約して、“温泉シチューパン“をいただきました。

自然薯食べてすぐなのにペロリ。2人で1ついただきました!

あと、すこしパンも買って帰りました。

箱根湯本にある、箱根湯寮でまったり温泉。

11時頃

ホテル前のバス停から、バス停で箱根湯本へ。

宮ノ下から箱根湯本間のバスは10分に1本くらい出ていて、とっても便利でした。

ただ、道路が混むことがあるのと、かなり山道で私は若干、酔いました。

箱根湯本のバス停に着いたら、バス停のすぐそばに、箱根湯寮行きシャトルバスが。

乗ってすぐに到着。

温泉は、1500円。

中の写真はもちろんないけれど、すごいゆっくりつかれました。

森の中にいるような雰囲気でとても癒されました。

温泉から出たあと、ちょっと一休み。

このクッションすごくいいのと、この畳の空間、すごく良かった!!

まったりしました。

温泉の後のお昼ご飯

箱根湯寮の中にあるレストランでお食事。

▲旅ではどうしても野菜不足になりがち。サラダそばはとても嬉しい!

▲ トウモロコシのために炭を用意してくれました!

▲ 友人のランチ

箱根湯本の街を散策

16時頃、箱根湯本駅の周辺を散策。

私たちが一番ハマったのは昆布屋さん。

実演販売していた店員さんと会話しながら、
とろろを買いました。

▲ 目の前で昆布を削って、とろろにしてくれる!

ちなみに、箱根湯本のお店は17時ころに閉まるお店が多いそう。

これには驚きました。

一部17時回っても営業しているお店がありましたが、ほとんど閉まっていたので、散策はお早めに!

箱根 ルッカの森でバームクーヘン

箱根湯本から徒歩10分弱で、箱根 ルッカの森へ行きました。

ここはバームクーヘンが有名だそうで、バームクーヘンが大好きなので、買いに行きました。

▲ 橋を渡って、歩いていく。

お店が可愛かった。

バームクーヘンを買って、ちょっと休憩しました。ここは18時まで営業。

直吉で湯葉丼

ここまで朝から食べてばっかりなのですが、最後に、湯葉丼を食べました。

ここは18時ラストオーダーで19時閉店。

私たちは17時半頃に行きました。

お店に入ると“和“のいい香り。

お豆腐、湯葉刺し、湯葉丼を食べたんですが、ほんと、日本に生まれてよかった!と思える、ほっこりと美味しい味でした。

まとめ

箱根は関東の方々にとっては、日帰りで行ける温泉エリア。

お店が閉まる早さには驚きましたが、宿泊する方は、ぜひ、充実したお宿を探すことをオススメします!!

夜まで楽しめます。

今回は箱根湯本周辺で楽しみましたが、まだまだ行くところはあるようなので、また機会があれば行ってみたいと思いました。

***************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。



ライン公式アカウントを始めました!

不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら