手作り味噌作り~美味しいお味噌の秘訣は自分の手で作ること。

過去2年、作っているお味噌。

今回もきんぽうげさんにお世話になりお味噌を作っていきました。

美味しいご飯をいただいてから、5人でわちゃわちゃと楽しく作っていきました。

美味しいお味噌を作る秘密は自分の手で作ること。

お味噌って自分の手で作るのがおいしいんです。

手前味噌という言葉の通り、家で作る味噌の美味しさを自慢したくなるくらいおいしいのが手作り味噌。

というのも、それぞれの手には、良い“菌“があって、その“菌“が発酵を促してくれる。

その菌がお味噌をおいしくしてくれるんだそうです。

大豆の準備

今年も大豆は自分で湯がきました。

今回は去年の倍量を作ることにしたので、圧力鍋で大豆1kg分にしました。

▲ らでぃっしゅぼーやで取り寄せてみた。

▲ お湯に1時間つけて、そこから圧力鍋で5分。

いざ!味噌作り

▲ 湯がいた大豆(乾燥で1kg)、米麹1.8kg、お塩500gとタッパー2個

アルコール(ホワイトリカーなど)を手や器にシュッシュとして、作っていきます。

▲ 米麹をバラバラにします。みんなで作るのが楽しい!

▲ 材料を全てボールなどに入れて混ぜます。

▲ 混ぜたらこんな感じに。

▲ お肉のマッシャーで砕いていきます。砕いたものを適当に丸めておきます。

▲ 丸めたものをタッパーに詰めていきます。このとき、空気をできる限り抜いてしっかり敷き詰めます。

▲ サイドや蓋など周りをアルコールで綺麗に拭き取って、ラップでこれもまた空気が入らないように梱包していきます。

そうするとカビが生えにくくなるそう。

これで4ヶ月〜半年寝かします!!

夏の終わりくらいに開封しようかと思っています!!

楽しみ!

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら