MarikoのLearning Life 学ぶって楽しい!を伝えるファシリテーター

今宮戎/早朝7時から熊手と福笹をいただくも駐車場代が高かった[2022年訪問レポ]

国内旅行 旅行記 関西・東海旅

数年前から今宮戎神社に必ずいくようにしています。

コロナ禍といえ、やはり毎年たくさんの人がいるので、少しでも人の少ない時間にスムーズに!

ということで、早朝7時からのスタートに合わせて行ってみました。

その時の様子をご紹介します。

(個人的にあまり神社の写真は撮らないようにしているので、写真はほとんどありませんが)

スポンサーリンク

今宮戎神社には7時より前に行くのがオススメ

2022年、今宮戎神社は朝7時からと書いていたので,7時ぴったりくらいに神社に到着しました。

ですが、すでにそこには人が結構いました。

”結構”というのは、人が密集しているのではなく、すでに福笹の列ができていて、100人以上は並んでいたようなイメージです。

最初から4人の人が対応してくれていました。

7時ぴったりに行けば、30分以内ですぐに出れるかなーと思ったのですが、結局のところ、7時50分くらいになってしまいました。

7時10分くらい?には別の窓口も対応してくれたので、そっちに行けば早かった?と悩みつつ、そのまま並びました。

まぁ、早い方かもしれませんが、せっかく朝早く行くのであれば、もう10分でも早く行けばよかったかなと個人的には思いました。

熊手と福笹はどうやってお願いする?

神社に入ってら、まずは去年の熊手や福笹を返して(入ってすぐのところに入れる大きな箱があります)、お参りをします。

その後、福笹をもらいます。

人が多い時間に行けば,お参りの横で福笹を渡してもらえましたが、早朝は人がいなかったので、入って左の手前に福笹コーナーがあり、そこで各自とる仕組みでした。

その後、その福笹コーナーの隣の列に並んで、福笹の飾りをいただきました。

初めての時はどうお願いしていいかわかりませんでした。

今回もわからなかったのですが、前の人たちの様子をうかがいながら決めました。

・おおよその予算を決めて、伝える。

私たちは1万円くらいでとお願いしました。

・飾りを選ぶ

予算を伝えると、どの飾りがいいかを選んでください。と言われるので、その通りに選ぶ。

数でお値段が決まります。(細かいことまではわかりませんでしたが)

今回は、11000円にしました。

記念に干支の絵馬をつけました。

こんな感じになりました。

ちなみに熊手もいただいたのですが、5000円のものにしました。

コンパクトサイズです。

大きいものは10000円のようです。

5000円より予算がある方は、飾りをふやせます。

ちなみに熊手の取扱のない窓口もありましたのでご注意を。

スポンサーリンク

アクセスと車の駐車場代

今宮戎神社へのアクセスは,いけるなら電車がおすすめです。

地下鉄御堂筋線大国町駅3番出口より東へ徒歩5分

地下鉄堺筋線恵美須町駅5番出口より西へ徒歩5分

南海高野線今宮戎駅降りてすぐ
阪堺線恵美須町駅西へ徒歩5分

JR新今宮駅北へ徒歩10分または南海高野線に乗り換え今宮戎駅

私たちは電車でも便利に行けますが、楽さをとって車で行きました。

駐車場は覚悟の上で行きましたが、特別価格で、40分1000円といつも以上に高かったです。

朝一(7時)だと、かなり駐車場は空いていましたが、出る頃(8時前)にはほぼ満車状態でした。

ただ、出入りはあると思うので、タイミングさえ良ければ、止められるのかなーという感じです。

そして、30分以内に出るつもりが、40分を超えてしまったので、2000円。。

仕方ないですが、時間とか、やることを決めておけば、スムーズに行けたかなーと思います。

まとめ

スムーズに行きたい方は、7時より前に到着することをお勧めします。

それ以外の今宮戎の雰囲気を味わいたい方は、ゆっくりいって、音楽が流れている感じとかすごく楽しいので、混んでる時間に行ってみてください。

今回もお参りができてよかった!感謝。

今年も皆さまに福が訪れますように!!