月島 もへじ本店でもんじゃ焼と海鮮(牡蠣)をいただく〜ゴールデンウィークは開店15分前に行って1時間待ちでした〜

ベタな東京観光として、もんじゃ焼きを食べに行きました。

月島駅から徒歩4分

もへじ本店は、月島駅と勝どき駅の間にあります。

11時オープンです。

朝10:45お店に到着するもすでに行列

11時のオープンより早めに到着しようと、10:45にはすでに行列が。

私たちが行った本店は、席数があまり多くないようで、7、8組ほどで満席のようでした。

ちなみに、『もへじ』というお店には、『はなれ』がありました。

11時のオープンの前にお店の方から、『●組目以降の方は、1時間半から2時間くらいになります。はなれもあるのでご案内できます。』と案内がありました。

が、私たちは、一回目で入れる人の2組あとだったので、そのまま待つことにしました。

結局、1時間くらい待って入れました。

その間に、月島の商店街の端から端まで歩いたりして、15分くらい待ち散策をしました。

もう少し早く並べばよかった!!と思いましたが、少し待てば入れたので、よかったです。

注文したもの

▲ メニュー

▲ 海鮮もへじスペシャル 1680円

▲ めんたいもちもんじゃ チーズトッピング 1710円

▲ 生カキバター 1380円

生ビール1杯(630円)で二人で6512円でした。

牡蠣→海鮮もへじスペシャル→めんたいもちもんじゃの順で店員さんが焼いてくれました。

個人的には牡蠣の美味しさに感激しました。築地から仕入れているようです。

粉もん文化の私たちには、もんじゃ焼きってあまり馴染みがなく、味はもちろん美味しいのですが、なんとなく不思議な気持ちでした。

東京観光には是非食べてみてほしい味です!

こちらもどうぞ

2泊3日ゴールデンウィークに大阪から新幹線で行く東京観光の行ったところリストと旅プラン[まとめ] – Marikoさんの学ぶ日々

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら