日曜の朝9時に香川・高松にある、『手打ち十段うどんバカ一代』でカルボナーラのような”釜バターうどん”をいただく

変わり種うどん、カルポナーラのような”釜バターうどん”が食べられる

手打ち十段うどんバカ一代で有名なのが、釜バターうどん。

朝一で食べるか悩んだのですが、いただきました。

卵も乗っていて、カルボナーラのような感じでした。

思ったほど濃くはなく、するっと食べられました。ちょっと胡椒がしっかりかかっているのでちょっと辛いと個人的には感じました。

友達のノーマルのうどんを少しいただくと、やっぱりバターの味がしっかりしているなと感じました。

日曜の朝9時から行列にならぶ

高松の駅からそれほど遠くなく、日曜の朝からやっているうどん屋さんが少なく、すごくありがたかったです。

9時ころに行ったのですが、お店は大人気でした。

並んでいましたが、回転もいいので、15分ほどでお店に入れました。

香川築港駅から琴平電鉄でいく

私たちは、車で送ってもらったのですが、電車でも行けます。

うどんのお値段

私のいただいた、うどんは上に書いた”釜バターうどん”490円。

▲ 友人は釜揚げうどん330円でした。

ちょっとちがったうどんを食べたいかたにオススメのお店でした。

こちらもどうぞ

香川旅1泊2日 行ったところリスト!〜うどん4軒と豊稔池と父母ヶ浜へ〜[まとめ] – Marikoさんの学ぶ日々

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら