箸袋を作る〜日本文化を学ぶ〜

風呂敷の話のついでに以前に外国人の友人へプレゼントした、箸袋をご紹介。

手作りの箸袋の作り方

作る過程の写真はないのですが、簡単にご紹介。

🔼ちりめんの生地を購入し、三角に切って、裏面で縫って、表面にひっくり返します。その時に紐を一緒に縫います。最後に三角の左側を折って、縫い合わせます。

🔼右側も折ってくるくる巻いて、紐を引っ掛けるだけ。

手作りのプレゼント、そして曲げわっぱ・風呂敷(とふなっしー)とともに送りました。

ちなみに3つ作って、自分にとっても思い出の品になりました。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら