日帰り縄文杉トレッキン!ながーくハードは1日でiPhoneが大活躍!〜弾丸!屋久島2泊3日ツアー!〜

ここ数年でずっと行ってみたかった屋久島。

なかなか2泊3日の休みで行けるタイミングがなく、お盆休みにやっと行けました!!

しかも、1泊2日の山口県ツアーのあと、直接、新幹線で鹿児島に入り、1泊。そのまま2泊屋久島に行くという弾丸ツアー。

なかなか体力があるな。と自分たちを褒めながら、満喫してきました。

日帰り縄文杉トレッキングツアーの一日についてご紹介します。

前日までに屋久島ガイドツアーの方と打ち合わせ

今回お世話になったのは、屋久島ガイド協会という会社。

登山初心者の私たちはないものがあったので、レインコートやトレッキングシューズ、リュックを借りました。

前日までに、持ち物などの確認も行います。

初めての屋久島、日帰り縄文杉トレッキングツアーに参加しました。 山登りはおろか、運動をほとんどしない私は少し不安でしたが、想像よりも歩けました。 登っているときは余裕がなかったのですが、帰って来て...

▲ 持ち物リスト

▲ 初日、空港に到着したから、オフィスに行って、レンタル品を借りました。

当日の朝は4:09ころにお迎えのバス

4:09にホテルの近くまでバスに迎えに来てもらいました。

ホテル近くでお迎えを待っているときにふと空をみると、星がすごく美しかった。

たまたま、早朝の時間は雲も少ないし、街灯がほとんどない場所だったので、見やすかったのかもしれないけれど。

おそらく、これまで見てきた中でも一番星がたくさん見えてきれいだった。

寝ぼけてるし、あんまり時間がなかったのですが、本当に感動しました。

次は、草はらに寝転がって空を眺めたい〜。と思いながらバスに乗りました。

私が泊まったホテルは宮之浦地区でした。

北側にある、宮之浦地区から順番に迎えに来てくれるので、私たちが乗った時点でまだ乗っている人はわずかでした。

安房のエリアであれば20分くらいは遅く起きられそうな感じです。

そこから、約70分ほどで、屋久島の登山口に到着します。

▲ 登山口。これは帰りに撮った写真

5:30前です。まだあたりは真っ暗。

まずは腹ごしらえ。お弁当を食べてトイレに行っていざ出発です。

▲ 登山弁当(朝食)あたりが暗く、ぶれてるけど。

登山入り口からトロッコ道をひたすら歩く

登山入り口にはトロッコがあります。

▲ これはトイレと怪我をした時に人を運ぶらしい。

でも、呼ぶのに3時間かかるらしい。

6:00ころ、いよいよ登山スタート。あたりも明るくなってきました。

しばらくトロッコ道を歩きます。

最初は平坦な道をひたすら歩きます。

時々、手すりのない橋があって、きっと高所恐怖症の方には辛い道もあります。

(実際にリタイアされる方も。)

▲ 途中、ガイドさんにいろいろ教えてもらいながら、上手に休憩してもらいながら歩いて行きました。

▲ 7:30 縄文杉まであと175分!

▲ 緑がきれい(コケとか)

▲ ときおり休憩しなから、トロッコ道をひたすら歩いて行きました。

いざ、山登り開始!!

9:00ころ、約3時間くらいトロッコ道を歩くと、トロッコ道の終着点へ。

(この辺から写真を撮り忘れたというか、余裕なし。泣)

ここでトイレを済ませて山登りへ

大雨でもレインコートは着なかった

レインコートはもちろん持ってきたんですが、二人とも着ずに山登りしました。

ここまでのトロッコ道は一本道で、なだらかなので、傘を差していました。

途中の休憩所などで、着るタイミングもあったのですが、

(ガイドさんにそそのかされたのもあって笑)

夏で、歩き出すと暑いので、レインコート着ないくらいの暑さが心地よかった。

出発から約3時間半でウィルソン株に到着

時刻は9時半!

山登りをスタートして30分くらい?たった頃に、ウィルソン株に到着。

▲ こんな場所。

▲ これがウィルソン株。この株の中に入ります。

最初はよくわからなかったのですが、株の小さな入り口から中に入って、ある位置から見ると

▲ こんな風にハートに見える。ココロのキレイな人にだけ。笑

かなり混み合う時間もあるみたいですが、ほとんど並ぶことなく、写真を撮ることができました。

帰り道の時にももう一度入りました。

そこで、ガイドさんがとってくれた写真。

iPhoneのパノラマ撮影で撮ってくれました。感激。

ちなみに私が撮っても全然うまく撮れませんでした。。。。

ウィルソン株からの道が少し大変

もちろん、運動不足で余裕のない私は、写真の一枚も撮ることなく、ひたすら登っていました。

ウィルソン株からの道が、少し辛かった。

登れないわけではないんですが、登りが続き、私はちょっとゆっくりだけど、確実に登るようにしました。

でもまぁ、それを乗り越えると、あとは緩やかな山登りでした。

大王杉が本当にかっこいい!!

ご飯休憩も挟んで、出発から4時間半。10:45、大王杉に到着。

個人的にはこれが一番カッコよかった!!

しかも結構近くで見れます。

いつ倒れるかわからないらしく、気をつけないといけないそう。

その後も縄文杉を目指して歩くのですが、途中から、世界遺産の地域に入ります。

そこからは比較的、大きな木が増えます。

▲ 夫婦杉(わかりにくいけど)

大きな杉だけじゃなくて、雨できれい木や緑がいっぱいでした。

縄文杉へ

出発から、5時間半!11:30ころ、縄文杉に到着。

▲ 縄文杉。少し遠めでした。

▲ こんな展望台のような場所から見るんです。

縄文杉もいつ倒れてもおかしくないらしく、安全の配慮もあるようです。

縄文杉に着くと、歓迎の大雨でね。さらに雨が降ってきた。

一眼のカメラで写真撮るつもりが、撮れなかった。

だけど、幻想的な、屋久島らしい雰囲気を堪能することができました。

下山!

少し、自由時間を過ごし、11:50分ころ、いよいよ下山。

下りはあっという間でした。

▲ もののけの雰囲気??

▲ なんども言うけど、緑が美しい。

▲ 山道終えて、トロッコ道の終点で休憩した時に、山口で買ったお酒ケーキ。

普段あまりお菓子食べないけど、後半お菓子食べました。

▲ 個人的には、この最後の長く続く、トロッコ道がちょっとしんどかった。

パートナー曰くは、無心になれて、最後のトロッコ道が一番楽しかったらしい。

まとめ

ずーっと行きたかった、屋久島に行けて、本当に幸せな時間でした。

今回見れた、屋久杉たちは、いつ見れなくなるかわからないそうなので、”今”という時に見にいくことができて本当に良かった。

自然のパワーをたくさん感じることができて、大阪に帰ってきてからも、写真をずーっと振り返っていました。

レインコートを着ずに、靴の中やズボンが雨でびしょびしょになる感じも、普段過ごす中で体験しにくいので、私としては、すごい楽しい体験でした。

最初、屋久島に全く興味のなかったパートナーは、下山後、”山登りが楽しかった”と驚くほどの笑顔。汗

相当楽しかったようで、また山に登りたいらしいです。。。

とりあえず、金剛山か?と言っています。

ANYWAY、本当に行けてよかった!

ぜひ、行きたい方はお早めに!!

***************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。



ライン公式アカウントを始めました!

不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら