2泊3日屋久島旅 縄文杉日帰りで約10時間トレッキング〜準備編〜

初めての屋久島、日帰り縄文杉トレッキングツアーに参加しました。

山登りはおろか、運動をほとんどしない私は少し不安でしたが、想像よりも歩けました。

登っているときは余裕がなかったのですが、帰って来てからずっと写真でも振り返っています。

まずは準備編からご紹介します。

服装や準備物

日帰りでのツアーで、私が用意したものはこんな感じでした。

・服装
トレッキングに慣れていない私たちは全然登山っぽい服装ではなく、ジャージとTシャツと帽子、途中から長袖の羽織を着て登りました。

服は全て綿ではない、化学繊維系の服を選びました。

・トレッキングシューズ
買おうか悩んだんですが、そんなに山登りしないので、今回はレンタルしました。快適でした。

・スマホ

オリジナルのスマホケース。iPhoneⅩなので、ある程度の防水があるので、首からかけていました。

なかなか写真を撮る余裕もなかったけど、スマホがすぐに取り出せたので、ある程度写真が撮れました!

リュックに入れたもの

・お水500ml
→途中で自然の給水ポイントがあります。

・朝ご飯と昼ごはん


→私は宿泊したホテルで登山弁当を頼みました。

・レインコート、折り畳み傘
→屋久島は雨が多いので必須です。

レインコートもセパレートのものを用意していました。

私たちはガイドさんにそそのかされて(笑)最初こそ、傘をさしていたものの、途中から山道に入るときにもレインコートを着ずにずぶ濡れトレッキングを楽しみました。

今回のトレッキングの時は、途中からかなり大雨でした!雨の森は本当に綺麗でした。

自然の恵みを浴びている気分で、また子どもに戻った気分で、濡れていることさえも楽しかったです。

歩いている間はむしろレインコートを着ない方が暑くなくてちょうどいいのですが、止まると急に寒くなります。。。

そのあたりは自己判断で、レインコートを着ることをオススメします。

・着替え一式

何故かズボンを忘れたのですが、上の服の着替えを持って行きました。

ズボンも着替えを持っていけば、帰りのバスも快適だっただろうなと思いました。

カバンに入れるものは全て、ビニール袋に入れて雨から守りました。

リュックのレインカバーはしていたのですが、ビニール袋に入れていないものは、びちゃびちゃでした。

トレッキングシューズをレンタルしていて、バスで返却だったので、靴下や靴を履き替えられたのも良かった。

ということで、次回は歩いた様子などをご紹介します。

***************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。



ライン公式アカウントを始めました!

不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら