Mac book付属のアダプター専用袋を作る〜好きな生地で、オリジナルのサイズで作る〜

今日の朝、急に時間ができたので、パパッとアダプター専用袋を作りました。

最近、制作モードが止まらない私。

前回作ったMac bookケースがこちら。

第2弾、MacBook用のケースを約4時間で完成!我ながら上手にできました! 作り方をご紹介します。 準備 クッション用の布(2枚)、綿、好きな布(2枚)、ファスナー30cm 作り方 クッシ...

今回の作りたかったポイントは、

・Mac bookケースと同じ、大好きなミニオンの生地で作る。

・付属品を持ち運ぶときに、鞄の中を綺麗にしたい

と思って作ってみました。

最終的には、Mac Bookのアダプター2つと、プロジェクターへのコネクターセットが入るサイズになりました。

作り方をご紹介します。

(長さを図るのが苦手なので、サイズはありません。入れたいものを置いて、サイズを決めています。)

材料

・生地(表裏)
・マジックテープ

作り方

▲生地を入れたいサイズの一回り(2〜3cm)大きく切る。

▲最終的作りたいサイズを裏面に書く。(ここだけは出来るだけ平行など気をつける)

▲マジックテープを縫い付ける場所を決め、縫う。

▲中表にして、一辺を残して、決めたサイズのところをミシンで縫う

▲ひっくり返す。

▲最後の一辺をミシンで縫う。ちょっとおしゃれ縫いにしてみました。

▲横は手縫いにしました。中を縫って、最後まつり縫いしてとじました。ちょっと時間がかかったけど。

楽しかった〜。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら