手作りバッグインバッグ〜私の用途に合わせて作る〜

だいぶ前に、手芸にはまっていた頃、自分用にバッグインバッグを作った。しばらく使っていたのですが、いつの間にか、使わなくなっていた。

ここ数ヶ月、使わなくなったらカバンの中が荒れ放題だったことに気づく。

そこで、ふと出てきた(笑)オリジナルのバッグインバッグを復活させてみることに。

私のためだけに作られたオリジナルバッグインバッグ

市販のものってなかなか自分に合わないことも多い。私が必要だったものを考えて作りました。作りは非常に簡単。

🔼内ポケット片側。スマホ入れる場所が2つとペン入れ1つ

🔼内ポケットのもう片方。家の鍵、自転車の鍵、パスケース入れと、最近買ったAirPods入れ

中には、手帳やiPad miniがピッタリ入る大きさに作られていましたが、最近は手帳を使わないのと、iPadは家で使うことが多く、外であまり使っていないので、入れるものがない。

🔼ということで、用途を変えて、名刺入れ。(名刺が3種類あるので、名刺入れを二つ)

🔼気が向いたときは、長財布も入れられる

🔼バッグインバッグはそれだけでも持ち運びできるように、手提げも付けました。


🔼カバンの中に入れて使うときは、ポケットに”ないない”できます。(これは大阪弁か。つまり、なおす、おっとこれも大阪弁、“ポケットにしまっておくことができます“ということです)

バッグインバッグを復活させてよかったこと。

・カバンの中が綺麗になった

・元の場所にもどす癖をつけられた(片付け苦手な私にピッタリ)

・カバンの中をゴソゴソ探す時間が減った。

さぁ、整理されたカバンライフ、楽しもう。

こちらもどうぞ

私は昔から手作りすることが大好きでした。 しかも、みんなと同じものは嫌だったので、既製品にはないものを作りたいという熱意だけはあります。 しばらくは大人になってから好きということすら忘れ...
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら