お盆休み  人情あふれた新潟旅!その7〜ドメーヌ・シュオのワインを楽しむ〜

とっても楽しかったワイナリーその2。小林さんドメーヌ・シュオ

🔼こちらでは、100円で試飲できました。

ネタで作っているワイン!

小林さんがまた面白い方で。小林さんが作っているワインのうち、一つ面白いワインが。

🔼Why don’t you go beach?

酸っぱいワイン。もはや、レモン。笑

できたぶどうがあまり良くない状態で、ええい!!とワインを作って見たら、ポッカレモンのような酸っぱいワインができて、お店に出してみたら、ハマる人がでてきて、箱買いする人までいたそう!!そんな、お客さんのために、ネタワインをつづけて作ったそうです。

小林さん自身が、『ネタで作ったワイン』とおっしゃる感じがまた面白い。お好みで、ソーダで割っても美味しいそうです。

もちろん、その会話が楽しかったので、ネタワインも購入しました。

ワインはぶどうを仕込んで、その後はひたすら『祈る』!!もし、ワインに何かあっても、その周りでワタワタするだけしかできない!!

なんか文字では伝わりにくいんですが、そんな思いで、ワインを作られているそうです。是非行かれたら、そんなお話もきいてみてください。

小林さんこだわりのワイン

もう一本、赤ワインも買いました。

🔼Mizu no Aya 2015 

このワインは小林さんこだわりの土っぽいワイン。このワインを作りたくて、ワインを作っているそうです。

ワインに対する、熱い思いがたくさん聞け、たくさんの笑いをもらった、ドメーヌ・シュオでした!

🔼このぶどうたちはどんなワインになるんだろうな〜

こちらもどうぞ

お盆休み  人情あふれた新潟旅!その1〜行ったところリストと旅のスケジュール[まとめ]〜 – Marikoさんの学ぶ日々

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら