MarikoのLearning Life 学ぶって楽しい!を伝えるファシリテーター

Mac bookで余白なしのPDFを作成するには「プリント」ではなく「エクスポート」か「書き出し」

メカの使い方

Mac bookのPowerpointやkeynoteで資料を作成し、余白なしのPDFとしてはきだす方法をご紹介します。

「プリント」から「PDFに保存」としてPDF変換とすると、Mac BookでPDFを作ると余白ができてしまいます。

印刷にかける時、データにするときや、印刷に出す時など余白なしで印刷したい時には困ってしまいます。

ぜひ、実践してみてください。

スポンサーリンク

余白なしのPDFを作成する方法(powerpoint)

Powerpointで用紙サイズを A4縦にして、全面色をつけました。

余白なしでPDFにするには、


▲ ①「ファイル」→ 「エクスポート」を選択

▲ ②「エクスポートの形式」にファイル名を入力し、「ファイル形式」を「PDF」にして、「エクスポート」

▲余白なくできました。

ちなみに、「プリント」からPDF化すると、

▲こんな風に余白ができてしまいます。

余白なしのPDFを作成する方法(Keynote)

Keynoteで用紙サイズを A4縦にして、全面色をつけました。

Keynoteで余白なしのPDFを作成するには、

▲「ファイル」→「書き出す」→「PDF」を選択しますす。

▲「PDF」を選択し、「次へ」を選択します。

▲ 余白なくPDFにできました。

ちなみに、「プリント」からPDF化すると、

▲こんな風に余白ができてしまいます。

まとめ

Mac BookでPowerpoint やkeynoteの資料を余白なくPDFにするには、「プリント」からではなく、「エクスポート」か「書き出し」から作成します。

きれいに作った資料も余白なく提出できるときれいですよね。

こちらもどうぞ

Keynoteで図形にマスク(丸などの形に切り取る)する方法