賽銭箱に一万円!神社ミッションをやってみた!〜一生お金に困らない生き方の内容を実践してみた〜

先日読んだ本に書いてあった、神社ミッションをやってみた。

神社ミッションとは?

心屋塾の方が、されていることらしく。

それは神社のお賽銭箱に 1万円を入れること 。神社はできるだけ人気のないさびれたところを選びます。

何の意味もない、何の見返りもない、無意味に思えること、どう考えても損なことにお金を使うのが目的です。

「ある」から出すのではなく、「ない」けれども出すのです。そうすると「ある」が起きてくるんです。

そして、お金がないときほど、神社ミッションをする。

手に入れたいものがあるときは、「先に出す」ことが鉄則です。

出すと入ってくる!!

ということで、出さないのではなく、出してみることにしてみました。

やってみた感想

今回は、私がたまたま知っていた、とある神社に行ってみることに。

想像以上に、、、寂しい場所でした。

もちろん、誰もおらず、、、しかも賽銭箱のない場所でした。

賽銭箱じゃなくて…衝撃的でした。

私は決意できていたので、結構、あっけなく終わった印象でした。

むしろ、達成感。できてよかったなぁと思いました。

終わってから買い物するときに、あまりにお金がなくて、ちょっとわらけました。

あと、パートナー氏と話していると、さっきので、これ何個分変えるなぁとか。

思っちゃってる時点でまだまだ手放せていないかもしれない。

でもでも。できてよかった。

期待はしすぎないけど、自分の中で何か変化があるといいなーと。

楽しい一日でした〜

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら