一生お金に困らない人の生き方を読んでみた その4〜お金が入る『あり方』とは?〜

第4章のお金が入る『あり方』について学びます。

これまでのまとめ

第1章

最近、自分自身、‘お金‘にすごく執着している気がしている。 子どもがいるわけでもなく、夫婦二人共働きで、かなり親のスネをかじらせていただきながら生活しているのに。 でもいつか、世界を旅したいなぁー...

第2章

”一生お金に困らない人の生き方”を第2章より。 お金を手に入れて欲しいものは何だろう? 欲しかったものはお金そのものではなく、お金がたくさんあるときの安心感。 お金があるというのは、‘選べる自由...

第3章

一生お金に困らない人の生き方”を第4章より。

お金が入ってこないのは?

あなたが受け取っていないから。受け取る自分の器が傾いている。この傾きを作っているのがあり方です。

お金が欲しいのにお金持ちを見ると腹が立ったりするのは、妬ましさやすねた気持ちです。

私自身の課題はまさにこれです。お金だけじゃなくて、いろーんなことに対して、妬ましく思ったり、すねた気持ちになる。

このあり方がお金を遠ざけている。

お金が入るあり方とは?

お金=空気

と捉える。

誰かがいっぱい吸うと、そこだけの空気が薄くなったり、誰かのところだけが濃いというわけではありません。

広く、あまねく、平等に。

空気はなくならないと信じている。それが大前提。

空気があると教えられたけど、お金あると教えてもらっていない。

お金 、ないっ ! などと思います 。たとえ 1億円持っていても 、豊かさが 「ある 」ことに気づかない人 ( =豊かさを受け取っていない人 )は 「まだ足りない 」 「もっとないと不安だ 」 「なくなったらどうしよう 」と思います 。 「お金がないっ ! 」という人は 、お金がないのではなく 、お金の後ろにある豊かさを 「見ていない 」 「ないと思っている 」 「受け取っていない 」 、そして 「教えられていない 」 「逆のことを教えられた 」だけなのです 。

あり方を変える

一つ目:お金はあると信じる。

そうすると、想像をこえたところからお金が入ってくるようになる。

なんか知らんけど、お金が入ってくるようになった。(他力)

二つ目:自分を認める

自分は豊かさを受け取れる存在である。と気づく。

第2章であった、存在給をあげていくこと。

三つ目:ほしいものだけを受け取ろうとしてはいけない。

財布の口を大きく開けていれば欲しいものも欲しくないものも入ってくる

欲しくないものも受け取る覚悟をする。

四つ目

豊かさを受け取ったら出す。

節約すればするほど、お金は減る

意味のあることもないことにもお金を使う

お年玉をたくさんあげるなど。

これらはステップのような感じで、一歩一歩あり方を変えて行きたいなぁー

癖のように、お金ないーって言うなぁ〜。年末に行った旅行の支払いが終わったら、お金がなくなったように感じる私。

だけど、”ある”と心の中では信じているかも。

今はステップ2の受け取るを意識しています。同時にすぐに嫌なものは受け取らない私なので、嫌なものを受け取る覚悟を意識していきたい。

まずは、この3つからやっていこう〜。

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら