カメラ好きの身軽な旅グッズまとめ〜過去作ったもののアイデア集〜

旅が好き!カメラが好き!な私はいかに身軽な旅をするかがすごく重要です。

以前は重い荷物を持って旅することもありましたが、やっぱり、身軽に歩けるかが、楽しさに大きく影響します。

Marikoさん的、写真も旅も楽しむための身につけるものをご紹介します。

歩くときの荷物は最小限に!!

旅に出るときは出来るだけものを持たない工夫をしています。

キャリーケースは、ゴロゴロの音が静かなものを選び、出来るだけ持ち歩かない工夫を考えます。

車に乗る、または、どこかに荷物を預ける。

歩き回るときに持つ荷物は最小限に!

第一弾 手作りバッグ

iPhone(肩掛け)

手作りしました。そのままでも操作できるし、出すのも簡単で、重宝しました。

長さ調節できるようにしたので、とても快適でした!

貴重品入れ

旅の時は、普段の財布を持ちません。

必要最低限の免許証、クレジットカード、キャッシュカード、保険証、お札、小銭入れのみです。

入れ替えて最小限にしています。

普段のバッグインバッグですが、肩紐をつけて使うと旅にも便利!

私は、insta360ONEを持っているので、それと一緒に肩掛けミニカバンに入れます。

あと、insta360ONEを振り回す(バレット撮影)ための紐も作って、首からかけています。

軽いものばかりですし、若干、数は多いんですが、とても便利です。

これに一眼レフを手持ちします。

本当はカバーも作って持っていたんですが、やっぱり出し入れするのがめんどくさくて、、、

相棒のカメラには悪いんですが、そのまま持っています。

カバンに入れると重く感じるので、そのまま持っています。

第2弾 手作りバッグ(現在のグッズ)

そこから、さらに便利にするべく、開発をすすめました。笑

上のカバンだと、自撮り棒がどうしても持ちにくく、困っていました。

これまで同伴者に持ってもらっていましたが、自分で持てるように作ったもの。

自撮り棒とinsta360ONEを入れましたが、旅中の傘やお水のペットボトルを入れるのにも役立ちました。

ただ、モノを入れると重くなるのが課題。

▲ これが貴重品入れ。iPhone、パスポート、お札、小銭、クレジットカードを入れる用。保険の冊子も入れることができて、一人で感動していました。

マリメッコ大好きな子のようですが、フィンランドの思い出を持ち歩いているような気分。

しばらくこれでトライしてみますー!

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

私が関わっている『未来をつくる教育フォーラム2019』が東京 御茶ノ水で
2019年10月6日(日)に開催されます。

テーマは『未来を切り拓く人財育成のために・・・』

教育関係者や保護者の方におすすめプログラム!
・アントレプレナーシップ(起業家精神)を身につける実践紹介
・Social Emotional Learning(SEL)の取り組み紹介

親子(小学生)で一緒に見て、聞いて、体験してほしいプログラム!
・子どもたちが自分の意見を発表し、議論する『白熱会議』×『未来同窓会』by 下村健一氏 (モデレーター)
・2020年から必修化!小学生向けプログラミングのワークショップ!
 小学生が実際に参加できます。また、ワークショップの時間以外にも
 教育関係者・保護者向けに相談体験会を実施します。

詳細はこちら▼
「未来をつくる教育フォーラム」は今年で3回目を迎えます。今回は、常に世界を意識して教育活動を展開されている方々の活動報告と、実際に体感もできるプログラムが実現! 「未来をつくる教育フォーラム2019」で、世界標準の生きる力を育むシーンに触れてください。
皆様のご参加お待ちしております!!
***************************************

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら