フィンランドでの学びその2〜危ないことを、知らないことが危ない〜

フィンランドで学んだこと その2です。参考(フィンランドでの学びその1

フィンランドで見てきたことで、すごく共感したこと。下の写真はある学校の校庭の様子です。どう思いますか?日本ではありえない光景があります。

写真の右の方にありますが、ごつごつした岩があります。
この学校ができる前にあった岩をそのまま残しているんです。

日本の感覚では、危ないから無くした方がいいんじゃない??って思いません??
でも、フィンランドでは「危ないことを知らずに育つことの方が危ない」って考えていて、その一つの表れのようです。

子どもたちは、すごく自然に遊び道具にしていました。

日本では、何か危ないことやものに対して、全く子どもたちに触れさせないようにしたり、見せないようにしたり、過剰な気がします。もちろん、見せるタイミングや伝え方は大切です。

怪我をしてはいけないから禁止にするのではなく、なぜ危ないかを一緒に考えたり、その子たちと安全のルールを考える時間になればいいですね。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら