水泳通いの半月の記録〜一人で泳ぐから人と泳ぐ楽しさを感じる〜

9月になって急に泳ぎたくなり、プールで泳ぎ始めました。

初めてプールで泳いで運動するために必要な準備〜水泳、始めました。〜

今のところ、週2くらいのいいペースでいけています。

最初は泳ぐのもままならぬ感じで、バタバタして、耳に水が入りまくりで違和感がたくさんありましたが、ようやく慣れてきた感じです。

水泳通いの記録

水泳に通ってどのくらい泳いだかを記録しています。

1日目 (9月12日木曜 )

50mを4本(200m)

水をバシャバシャと泳ぐ感じで、耳に水がたくさん入る。

まずはちょっとだけ。段取りがわかった。

2日目 (9月14日土曜)

50mを10本 (500m)

泳ぎになれてきてゆっくりだけど、パシャパシャしなくなった。

3日目 (9月15日日曜)

50mを12本 (600m)

もう少し泳げそうな感じ。でも無理せずやめる。泳ぎもさらにスムーズに。

早く泳ぎたい気持ちはまだ続いている。

4日目 (9月18日水曜)

50m×11本(550m)

スピード上げて!休憩減らして!前回よりも泳いだかと思ったら少なかった。

30分で退散!ちょっと寒くなってきた。冬の寒さを心配し始める。

5日目(9月20日金曜)

50mを15本(750m)

ほぼ休憩なしで泳いだ。吐くことを意識できていることを感じて喜ぶ。

泳ぐことで、日常生活の呼吸も少し深くなっているよう。

6日目(9月22日日曜)

50mを16本 (800m)

ほぼ休憩なしでゆっくりと。

もっと泳ぎたいけど、続くかな?という不安

ちょっと食欲旺盛に!?お腹が空きやすくなった気がする。

7日目(9月25日水曜)

50m×23本(1150m)たぶん。

ついに1000mを超えた!

途中から何本泳いだのかわからなくなりましたが。

というのも、他の方が声をかけてくださり、人と泳ぐというわたしにとっては画期的なことが起こりました。

これまで人と泳ぐなんて発想もなくて。

というか、結構個人で動きたいので、基本的には自分のペースを乱されるのが苦手なので、自分がやりたいようにしたいなと思って。

最初はやめとこうかとおもって、やんわりお断り。笑笑

どんだけ泳ぐかわからないのと、ついていけるかわからない不安で。

でも、すこーし話をして、無理しなくてもいけそうだったので、参加させていただきました。

ピラミッドという、50,100,200,100,50をインターバルをあけながら、泳ぎました。

水泳に通って半月の感想

まさか、他の人と泳ぐなんて思わなかったのですが、戸惑いながらも楽しかった。

そして、意外と体力があることを実感できました。

まだまだ泳げるそうだし、まだまだいけそうやねと他の方にも褒めていただきました。

フィットネス用の水着だと抵抗あるから、もっと早く泳げるだろうなー。といわれ、、、

そもそも早く泳ぐつもりがなかったので笑、なんか楽しみになってきました。

まだゆっくり泳いでいるので、苦しいくらい泳いでみたり、いろんな泳ぎ方にもチャレンジしたいな!と思えた半月でした。

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら