書くことで思いを伝えられる幸せ〜私の強み“創造性“を生かして〜

私が最近やっていて、喜びを感じること。

何かを作って、それが人の役に立ったり、喜んでもらえたりすること。

“作る“ということがやっぱり好きなのかなぁ。

ブログが続いたのも、書くことで何かを作っているからかなぁーなんて思っています。

レジリエンスで学んだ、強みでいうと、

“創造性“ なのかな。

今日も嬉しいことがあった。

学校の事例を取りまとめさせていただくお仕事。

私が何かすごいことをしたわけでもないけど、ただただ、そこで頑張る人たちのことを聞いて、その思いをまとめる。

書くときには、すごくその思いを乗せることを大切にして。

いざ見ていただいたときに、うるっ。て

それは私の書いた言葉にというわけではないですが、その文章の先にいる、関わっている先生の姿のイメージを見て、思いが溢れる。

そんな姿が見れたことがなんだか嬉しかった。

そんな思いも含めて、さらに広めていけたらいいのかなぁーと、しみじみと思った一日でした。

こちらもどうぞ

私はコンテンツを提供する会社で、最近、学校現場の事例をまとめたりしています、 私にとっては、すごくいい事例をまとめることを通して、その先生たちの思いを直接聞くことができて、すごく幸せな時間なんです。...
学んでわかるようになるときの感覚って、とても楽しい! 『なんでこうなるんやろ、、、』『なんかこれは違う気がする』ともやもや、、、とする感じが、ハッとして、晴れてわかった!!ってなる感じ。 ...
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら