描くだけで毎日がハッピーになる ふだん使いマインドマップの本から学ぶ〜普段の生活に生かしてみる〜

最近嬉しいことに、なんだかやること(むしろ、やりたいこと)がたくさんやることがあって、結構冷静に考えてるつもりなんだけど、頭の中がぐちゃぐちゃになってるなーってことがあって。

そうだ!マインドマップをもう一度やってみようと思って、再び、使ってみることに。

kindle unlimitedで、読める本の中で『描くだけで毎日がハッピーになる ふだん使いマインドマップ』という本を発見!

早速、読んでみて、実践しています。

仕事だけではなく、自己分析、学習、旅行の企画、スケジュール管理など、さまざまな場面で活用できます。

本からの学びをご紹介します。

日常生活のどんな場面で使えるか?

私は仕事で、マインドマップを使えたらいいのかなぁーと思っていましたが、この本の中では、日常生活や学習に使うことをオススメしていました。

例えば、買い物のメモ、家族会議、旅行計画、学び、作文のために使うこともできます。

たしかに、フィンランドの教育機関の見学をさせてもらったときに、小学生も当たり前のように、マインドマップを使っていましたのをみました。

その他、マインドマップを手帳、講義、業務内容の見直し、やりたいことにも使えると、さまざまな例がありました。

少しずつ実践してみました。

私が実践してみたこと

私はまず、自己分析、仕事の中の傾向分析などに使ってみました。

・お客様との会話のまとめに

内容はあげられませんが、仕事で出会った方のお話をまとめるときに使うと、すごく頭の中が見える化できました。

・スケジュール管理

これも内容をあげられませんが、何日に〆切のことなどを見える化してスッキリしました。

・自己分析

▲ 自分ってどんな人?を考えてみる

・DIYの構想を考えるときに

DIYのハンガーラックを作るときに。

・旅行の計画

友人夫婦とキャンプに行こう!とskypeで打ち合わせするときにも使いました。

▲私が自分のパソコン画面でマインドマップを作成しながら、遠隔の打ち合わせがなんともスムーズに進みました。

友人夫婦からも‘頭が整理されてわかりやす い!!‘と喜んでもらえました。

自分の頭の整理だけではなく、一緒に考えている人たちの役に立つのがいいですね。

筆者の方は、‘書くこと‘がいいと書いておられます。

私もすごく仕事柄、紙にこだわった教材の話をするので、紙の良さ、大切さはよくわかっています。

ただ、個人的には、最近紙を減らすようにしているので、こうやって、パソコンで遠隔でも打ち合わせがスムーズになる、このツールは素敵だなぁと思います。

アプリとかが安く使えないかなーなんて思っております。

今はPCに無料のソフト”Mind Master“を入れて作っています。

また書ける時に紙に書いてみたいと思っています。

そもそも、なぜマインドマップなのか?

・自分の思考をそのまま描き出せる

・ゴチャゴチャな日常を視覚化できる。

・「人を知る」「伝える」「共有する」など、コミュニケーションツールとして使える。
(育児不安の解消なども)

マインドマップは魔法のツールではなく、描く作業自体が 、頭の中を整理し 、問題解決につながるヒントを見つけ出すきっかけになるのです 。

マインドマップの書き方、7つのルール

1、用紙に
無地で描きやすい用紙に書く。サイズはA4かA3で用途、性格に合わせて選ぶ

2、セントラルイメージを
私は中心にキーワードを入れていますが、紙に書く場合は、カラーでイメージを書きます。上手な絵でなくてもよくてよいです。色、形などのイメージを真ん中に書きます。

3、カラーに

とにかくカラフルに!

4、枝(ブランチ)を広げていき、

セクシーな曲線が理想。

5、単語(言葉)を書いていく

ブランチの上に乗せるのは文章ではなく、単語。1wordを目指す。

6、構造化

意識しすぎる必要はないのですが、「階層」と「序列」に分けていきます。

「階層」は、動物→「哺乳類」や「爬虫類」「鳥類」などに広がり、そこから、「哺乳類」→「犬」「猫」などに広がっていくことです。

「序列」は大きさ順や、好きな順に並べることです。

これはあとからでも大丈夫です。

7、「T E F C A S 」

とにかくやってみることです。

T E F C A S 」は 、 「 T r i a l (試行 ) 」 「 E v e n t (実行 ) 」 「 F e e d b a c k (フィ ードバック ) 」 「 C h e c k (チェック ) 」 「 A d j u s t (調整 ) 」 「 S u c c e s s (成功 ) 」の頭文字をとったものです 。

何度もトライアンドエラーでやってみましょう。

まとめ

マインドマップは、仕事だけではなく、日常的にあらゆる場面で使うことができます。

最初はうまくいかないこともあるかもしれませんが、トライアンドエラーでその人自身の個性を生かしながら、作っていくといいのかなあと思います。

フィンランドの教育などの関連記事はこちら

2016年9月 フィンランド教育の視察ツアーに行きました。8月から10年に一度の新指導要領が始まり、まさにスタートしたばかりの、実際のフィンランドの教育現場を見ることができました。 たくさん感じたこ...
フィンランドで学んだこと その2です。参考(フィンランドでの学びその1)
ちょうど一年前。ありがたいご縁でフィンランドの教育機関視察ツアーに参加しました。 先日、ちょうどルームメイトの誕生日で一年前を思い出が蘇ってきました。ブログに書きたいと思いながらうまく書けなかったの...
学校に伺うと、よく聞くのが平等とか公平性という言葉。 誰かができて、誰かはできない環境はダメ。 不公平は確かに嫌だ。 ただ、なんでもかんでも公平性って言われて疑問に思うことがある。 でも、フィ...
フィンランドで学んだことの中で、素敵だなと思ったことの一つが英語の学びに対する考え方。 あとで詳細を書いていますが、大学時代、英語が話せなくて悔しい思いもしたので、こんな教育を受けたかったな。
ポジティブにあきらめる フィンランドで学んだことで、とても大きなコトバ。 なのに、普段の生活をしているとどうしても忘れてしまう。 改めて自分にも言い聞かせながら、書いてみます。
普段、まちを歩いていたり、電車を乗っていたりして、よく大人たちの怒る声がすごく気になります。当然、怒っちゃダメではなく、どう伝えるかによって、子どもたちの反応って大きく変わると思うんです。そして本当に...
東京3日間最終日は鎌倉!! 一度行ってみたかったので念願叶ったのですが、ディズニーで疲れすぎて、朝早く起きられず。かつ、帰りも成田だったため、12時〜17時までの弾丸ツアーでした。 まずは奇跡?が起こ...
**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

私が関わっている『未来をつくる教育フォーラム2019』が東京 御茶ノ水で
2019年10月6日(日)に開催されます。

テーマは『未来を切り拓く人財育成のために・・・』

教育関係者や保護者の方におすすめプログラム!
・アントレプレナーシップ(起業家精神)を身につける実践紹介
・Social Emotional Learning(SEL)の取り組み紹介

親子(小学生)で一緒に見て、聞いて、体験してほしいプログラム!
・子どもたちが自分の意見を発表し、議論する『白熱会議』×『未来同窓会』by 下村健一氏 (モデレーター)
・2020年から必修化!小学生向けプログラミングのワークショップ!
 小学生が実際に参加できます。また、ワークショップの時間以外にも
 教育関係者・保護者向けに相談体験会を実施します。

詳細はこちら▼
「未来をつくる教育フォーラム」は今年で3回目を迎えます。今回は、常に世界を意識して教育活動を展開されている方々の活動報告と、実際に体感もできるプログラムが実現! 「未来をつくる教育フォーラム2019」で、世界標準の生きる力を育むシーンに触れてください。
皆様のご参加お待ちしております!!
***************************************

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら