”1〜66”〜アイスブレイクで使えるアプライドインプロのゲーム〜

アプライドインプロのゲーム”1〜66”をご紹介します。

使える場面

・チームビルディングに
・アイスブレイクに

おすすめ人数

4人くらい

やり方

・4名1組になる
・リーダーを決めて、そのリーダーから数字を回して行く。
 1〜10までを日本語、11〜20までを英語など応用する
・リズムよく、ランダムに回していくと、間違えることがあるので、間違えたときは、間違えた人は‘間違えちゃった〜‘と大きな声で伝え、チームの人は、‘おめでとう〜‘と受け止める
・間違えた場合はもう一度‘1‘からスタートする。英語と日本語を交互にしている場合は、最初の人が英語から始めるか、日本語から始めるか決める

ポイント
・間違えてもいい雰囲気づくりをする
・油断をせず、受け止める姿勢(いつ回ってきてもいい態勢)を意識

参考動画

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら