ポジティブにあきらめる〜フィンランドからの学び〜

ポジティブにあきらめる

フィンランドで学んだことで、とても大きなコトバ。

なのに、普段の生活をしているとどうしても忘れてしまう。

改めて自分にも言い聞かせながら、書いてみます。

ポジティブにあきらめるとは??

あきらめるってコトバを聞くと、少し抵抗のある人や、あんなことあきらめたなぁとか思う人など、ネガテイブな印象があるかもしれない。

でもただあきらめるということではないんです。

人はそれぞれ得意、不得意がある。

人前で話すのが得意って人がいれば、人前で話すのは苦手だけど、人の話を聞くのは得意って人もいる。

細かく分析するのが得意な人がいれば、分析は苦手だけど、全体を俯瞰してみるのが得意っていう人がいる。

リーダーシップをとって進めていくのが得意な人がいれば、リーダーシップをとって進めていくのは苦手だけど、進めるのをより具体化していくのが得意って人もいる。

やらなきゃいけないことの中に、どうしても不得意なところが出てきたりして,しんどかったりすることもある。

でも、そういう時はポジティブにあきらめる。

自分が苦手なことも、人は得意かもしれないし、一緒にやればもっとうまくいくかもしれない。

自分一人で抱えるのではなく、自分のできないことを責めるのではなく、そこはポジティブにあきらめて、人にお願いしたり、他にできる方法を探したりする。

そして、自分の得意をもっともっと伸ばす。

この学びを生かせていなかった反省。

ここ最近、自分のいいところではなく、悪い部分にばかりフォーカスが当たっていた。

 
ポジティブにあきらめる。あらためて見直そう〜。

自分の得意にフォーカスを当てていこう!

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら