私の人生観を変えてくれた、ファシリテーターマインド!

数年前に師匠である“樋栄ひかる“さんと出会い、ファシリテーターマインドを学びました。そして、大ファンなので、しばらく(今も少し)講座の追っかけをしていました。

ある時は、松江まで0泊3日で突撃。ある時は2泊3日で東京まで。講座でのご縁を通して、愉快な仲間たちとも出会い、たくさんの優しさと刺激をいただいています。

そんな師匠が設立した、一般社団法人 Applied Improvization Facillitator’s Academiaでも微力ながら参加しています。

師匠から学んだファシリテーターとしてのマインド(講座のグランドルール)についてご紹介します。このルールは私の人生観を変えてくれ、大きな変化をもたらしてくれました。

ファシリテーターのグランドルール

 

1. Yes,and
2. Be Present
3. No”む” “ひ”
4. Make mistakes
5. have fun
6. co-create

シンプルなように見えて、実は奥深い。そして、このルールは私が学んだ当初のルール。本当は“Listen 聴く“というのもありますが、一旦はこの 6つにします。

 

1.Yes,and

これは以前にも何度か出てきていましたが、魔法のコトバ。

どんなこと、どんな言葉にもまずはYes、つまり、肯定的に受け止める。

「いいね、おもしろいね。」

「なるほど、そんな考えがあるんだね。」

その上で、andで自分の提案をする。

「私ならこうする!」

「こんな風にしてみるのはどう?」
言葉で説明するのは簡単ですが、これを実行できている?と日々問うています。
最近気づいたことは、人にはYes,andを意識して関われても、自分自身にYes,andできていなかったということなんです。

 

自分の行動、言動に対して、あんなことしてしまったとか、私が悪いとか、全てNoで考えてしまっているんです。だから、自分の行動、言動に対しても、Yes,andするような意識する時期を満喫したいと思います。

 

2.Be Present

Presentは文字通り、プレゼントであり、現在という意味でもあります。
つまり、今ココにしっかりいるということ。

『あー今日のご飯何にしようとか。』
『眠たいなぁ』
など、次のこと、他のことを考えるのではなく、今ココの状況にいること。今ココにいて、何か自分自身のプレゼントを得る。

 

これもできていなかった。

3.No”む””ひ”

むのつくことば、ひのつくことばを講座の中ではあえて、3つずつ禁止にします。

む  ・難しい  ・無理  ・無駄

  ・否定しない  ・比較しない  ・批判しない

 

これはNo’む’は、比較的意識できていたのですが、比較しない、批判しない、否定しないはできていないなと、最近、ハッとしました。

 

4.make mistakes

たくさん間違いや失敗をしましょう。

 

これも講座の中とか、家の中ではできますが、仕事の中では意識できていなかったなぁと。
このルールがある中では、間違ってもいい空気感があり、私自身ものびのびと発言できたり、意見が活発になったりして、変化がありました。

 

 

5.Have fun

 

とにかく楽しむ!

『人は存在するだけで、相手に影響を与えている』

学んだ当時、この言葉には、ハッとさせられたことを今でも覚えています。

そして、楽しめていなかったことがたくさんあったなぁと、最近は思います。楽しそうっていうだけで、影響するから、そういう人でありたいなと。

 

6.Co-create

 

ファシリテーターが場を作るのはもちろんですが、その場にいる人みんなで、場を作ったり、何かcreateに物事を考えたりするということです。
ネガティブな気持ちだったり、No,butな気持ちだったりすると、全然createできないですよね。私も発信を通して、さらにcreatさも磨いていきたいと思います。

 

 

これらのグランドルールは、講座の中でのルールとして、さまざまなワークの中で体験して、少しずつ意識していたつもりでした。

でも、ココ、1年くらいでしょうか(本当はもっと前からだったかも)。自分自身に自信をなくし、ココロが折れていた私。

 

気持ちが浮上して来たときに、このルールを改めて見て、全然できていない!!(と捉えて終わってしまうとNo,butになってしまいますが。笑)と感じたおかげで(と捉えればYes,andになるはず)、ココロを見直せ、周りの状況や過去は多分変わっていないけど、私も周りも何かが変わり始めた気がします。

 

なので、明日から、“一日一つ!Yes, and♪“のコーナーをこのサイトに作って、Yes,andをより意識していきたいと思います!さて、続くのでしょうか。乞うご期待。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!