MarikoのLearning Life 学ぶって楽しい!を伝えるファシリテーター

学ぶ・教育に関する記事一覧


学ぶ・教育

前回、AIFAの仲間のせんちゃんから学んだコミュニティーラウンド。 https://mariko3.com/archives/9909 ▲ 前回の気づき。 コミュニティーラウンドというワークをすることで『その人の人生のテーマと魂のステージを…

学ぶ・教育

学びの場を考える時にいつも考えること。 それは、学びのピラミッド。 講義で聞くだけって、学習の定着度が5%。 だから、私は聞くだけの学びの場ってあまり好きではない。 たまに話すだけの研修をせざるを得ないときもあるけど、出来るだけ体験にする。…

学ぶ・教育

AIFA仲間のせんちゃんに『コミュニティーラウンド』というワークをzoomセッションしてもらいました。 せんちゃんはファシリテーションを共に学ぶ仲間で、いつも刺激をもらっています。 このセッションでの気づきは、自分の枠が大事だけど、抜け出し…

学ぶ・教育

とある小学校にお邪魔して、放課後学習の様子を見せていただきました。 この空気感を伝えたい!と思うくらい、いい空間でした。 まさに、子どもたちが主体的に学んでいる空間!という雰囲気でした。 子どもたちが主体的に学んでいる空間とは、声のテンショ…

学ぶ・教育

ココロの講座ってたくさんあるし、いくつか学んできて、本もたくさん読んできて、私は気持ちが変わりました。 そして、どんな人でも心理学を知っておいてほしいなとすごく感じるようになりました。 いろんな角度があっていいなと私は感じていて、その中で私…

学ぶ・教育

学校現場で先生とお話ししていて感じたこと。 何をどうやって教えるか、どうやって学ばせるかを先生は考える。 もちろん、それも必要。 だけど、それとともに、それを誰が教えてくれるの?誰がつくる場なの?ということを意識している人って魅力的。 “あ…

学ぶ・教育

これまでファシリテーションを学ぶ中で、DISC理論をベースとしたココロのイロ学んできました。 DISC理論については過去に書きました。▼ ナレッジモデルとココロのイロ(DISC理論)を学ぶ〜行列のできる講師力講座1日目3限目 AIFAシンポ…

学ぶ・教育

先日、とある学校で授業を見せていただく機会がありました。 そこで感じたことが、『授業は誰のためのもの?なのか』ということ。 授業を見ながら、尊敬する先生の言葉が浮かんできました。 ある先生は、『軸足は常に子どもたちにおく』 ある先生は、『授…

学ぶ・教育

お休みの時には家に完全に引きこもっていました。 自やりたいことはたくさんあって、分のできることにチャレンジしていました。 ですが、全然集中できず、想像していたよりもできずに終わってしまった。 1日の目標を集中として、集中することを意識した時…

学ぶ・教育

先日、大阪でElämäさん主催のフィンランド教育講座に参加してきました。 大阪の学校の先生がフィンランドの教育を見て感じたことをシェアしてくださいました。 まさに、私がフィンランドに行って学校現場を実際に見て感じたことでとても共感しました。…