あなたの学びに対するイメージは?〜子どもたちがキラキラした目で学ぶ姿を引き出すために〜

“学び“ “学習“ “勉強“に対してどんなイメージがありますか?

書く時には特に意識して“学び“という言葉を使うようにしているのですが、私自身のイメージとして、最終的な絵というのは同じなんです。

それは、“楽しい“ “わくわく“、そして“キラキラ“なのです。

そんな姿を思い浮かべられたら、子どもたちの主体的な学びを引き出せるのかもしれません。

とある学校から嬉しい知らせが。

教材を使って、子どもたちが夢中で学習し出した!と。

しかも、キラキラしてるって。

たった2日でこんなにたくさんのプリントをしたのー?と驚くほど。

これが本来の学びの姿。

単純に楽しくて、休み時間に本当は遊んで欲しいのに、学習しちゃう。

すごい、この威力。

教材があることでできることでもあるんですが、これは、現場の先生たちの雰囲気や学びの環境の作り方だと思っています。

こんな嬉しい報告をもらって、ただただ幸せを感じています。

目の前の子どもたちが、キラキラと学習するイメージって持てますか?

大人がそのイメージが持てた瞬間から子どもたちの学びが変わりだすのではないかと思っています。

最新情報をチェックしよう!