多角的に見る力をつける

レジリエンスのセッションをする中で改めて感じたことが、多角的に見る力をつけること。

イライラする出来事が起こったときにも、

あの行動が許せない!!

という気持ち出てきたときに、多角的に見ることができると、許せることがあったりもする。

もし見れなかったら、気持ちを切り替えていくことができない。

一つの出来事、捕らえ方を多角的に見るために、“本当に??“って自分に問うてみる。

そしたら、もしかしたらこうかもしれないし、違う見方もできるかもしれない。

と感じることができます。

イライラしたときにはひと呼吸して、いろんな角度で出来事や、人の感情を見てみると気持ちが切り替えられたりします。

ぜひ、ふと立ち止まる時間を作ってみてください。

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら