プログラミングで遊ぶ その3〜スプライトを動かす〜

Sくんとのプログラミングで遊ぶ第三弾!なかなかうまく書けず、たまっていた記事の一つです。。。

これまでのプログラミングの記事(その1,その2

実際にどんな動きを作ってみたのかについてです。

初回のテーマ

・スプライトを動かしてみる
・自分で指示したことが反映されていることを体感する

その1でも書きましたが、プログラミングって何かわかる?と聞いてもまだピンときていない様子だったので、とにかく体験してもらい、自分か指示したことで、画面が動いているということを実感してもらうことにしました。

下にあるようなことをしながら、指示して通りに動いていることがわかったようでした。

スプライトを動かしてみる

ちなみに、Scratchがどんなものかイメージのわかない方もいらっしゃると思うので、少しだけ紹介。


🔼Scratchの作る画面。スプライト(動かしたいもの、この場合ネコ)に真ん中の指示ブロックを右に入れて動くようにします。

今,右にはなにも入っていませんが、”緑の旗がクリックされたとき”、”10歩動かす”など、ブロックをくっつけていきます。
(動画も共有したかったのですが、今回はちょっとうまくいかず。)

いろんな動かし方を試してみる。


🔼今回はこのブロックを組み合わせて作りました。まずはまっすぐ動かすことをやってみました。

Sくんは、”10回繰り返す”のブロックに”10歩動かす”のブロックを挟み、”このスプライトがクリックされたとき”にくっつけていました。

Sくんは〇回繰り返すを選んだので、その数字を10000!!とか、大きい数字を入れました。
そして、動かしてみると、『消えた!!!!』
これで大爆笑。笑。『どこ行ったんやろー?』ききながら。

もう一つ『スプライトを出せるよ』と教えてあげて、また同じことをして消す!!笑

何回か同じことを繰り返していました。

・消えない方法を提案してみる

『実はね』ともったいぶって、跳ね返すことまできるんだよと。教えてみると、その”もし端まで着いたら、跳ね返る”ブロックをいれると消えずに画面中でずーっと動くので、また、おーー。となるわけです。
あまりにも消えたスプライトが多いので、新たに作り直したりしながら、自分が表現したいことを実現していきました。

・まっすぐだけではなく、少し角度をつけて動かしてみる

角度なんて、まだ習っていないんだけど、まっすぐの指示と一緒に●度動かすのを組み合わせて、自由に数字を変えてみたりもしました。
これが、いろんな角度に行くので、動きが面白くて、テンションがあがります。

・歩いているように見せる

まさか、ここまでするとは思わなかったのですが、パラパラ漫画のイメージなのですが、二つの少し違う絵を交互に組み合わせることで、あるいているように見えます。

私が作ったものを見せたので、それを作りたい!!と要望がありました。
じゃあ、ということで、一番基本の動きを教えました。

実は、もう少し発展してできたこともあるのですが、なかなか動きをみないと、イメージがわかないかもしれませんので、この辺りで。

私が想像していたより、発展的なことができ、子どもの力をのすごさを改めて感じました!

後日談

Sくんのお母さんからそのあとの日曜日に、Scratchで1時間くらい遊んでたよ報告が。

スプライトが大きくなるようにしたけど、元に戻せない。と。
早速、新たなブロックにチャレンジしているなんて、すばらしい。
そして、トライアンドエラーで、つまづきも!最高の学びですね。
次のステップが楽しみだ。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら