主体的な姿勢を育み、自律した学習者になるためには、学習方法を伝える

主体的な学習を引き出し、自律した学習者が増えるようにファシリテートするには、

・学び方を教える。

これを意識できるかが大きなポイントだと思う。

内容を教えるのではなく、問いを渡し、

・わからないということに気づく。

・調べる

・理解する、覚える

この学びができるようになることを目指したい。

クラスで継続していくと、自分たちで授業ができるようになる。

これを改めて目の当たりにしました。

他にももちろんたくさんあるんですが、じわじわと整理していきます。

私ができるのは個人の人たちか、学校の人たちに伝えることだけど、学校教育のクラスってのも楽しいなー。と改めて感じさせてもらった時間でした。

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか『わたしに...
***************************************

ライン公式アカウントの登録をよろしくお願いします。



現在、レジリエンスに関する情報をライン公式アカウントのタイムラインに少しずつアップしています。

不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら