Search Inside Yourself 仕事と人生を飛躍的させる グーグルのマインドフルネス実践法[書評その1]

なぜ、この本を選んだかというと、今レジリエンスについて伝える中で、瞑想(マインドフルネス)の話があります。

私自身は、ヨガをすることで、瞑想の効果や必要性を感じているので、もう少し知識としても深めたいと思い、この本を選びました。

少し難しい本でしたが、最初に私が感じたことをまとめます。

Googleが実践しているSIYとは?

タイトルにもなっている。SIY(Search Inside Yourself)は己の内を探れということで、マインドフルネスに基づく、EQカリキュラムです。

グーグルは革新を促すために、自社のエンジニアが就業時間の20%を各自のコアとなる仕事以外のプロジェクトに使うことを気前よく認めている。

具体的なエクササイズとガイダンスに沿って進む道筋、瞑想を通して、他者と自分自身とかかわるためのアプローチであり、それに体系的に取り組めば、人生が一変し自由になれたとの声がたくさんあります。

結果として、自分の仕事に新しい意味や充実感を見つけた受講者もいれば、自分のやっていることがずっとうまくできるようになった受講者もいるそう。

心の平穏と幸せがずっと深まったという人も多く、ストレス要因への反応の仕方が変わったという人もいる。

今では、まず時間をかけて、物事をよく考え、相手の身になってみるので、慌てて結論を出したりしない新しい自分が好きになったとの声とある。

SIYの3つのステップ

SIYのステップには3つのステップがあります。

  • 注意力のトレーニング

高度な認知的能力や感情的能力の基礎。注意力の特質を鍛える方法は、マインドフルネス瞑想と呼ばれる。

  • 自己認識と自制

鍛え上げた注意力を使い、自分の認知的プロセスや情動のプロセスを高い解像度で知覚できるようになる。そうすると、自分の思考の流れや情動のプロセスを明瞭に観察できるようになる。

  • 役に立つ、心の週間の創出

誰であろうと、人と会ったらかならず、この人が幸せになりますようにと反射的に思う週間が身についていることをイメージしたい。

2分でできるマインドフルネス

やさしい手法はたんに2分間、穏やかで一貫した注意を自分の呼吸に向ける

もっとやさしい手法は、ただ、2分間座っているだけ。何かを『する』モードから『あるがままでいる』モードへ切り替えることです。

この単純なエクササイズがマインドフルネスの練習になる。

ただ、あるがままでいることを学ぶという単純な行為があなたの人生を変えうるそうです。

少しずつ、意識してマインドフルネス実践していきたいと思います。

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか『わたしに...
***************************************

ライン公式アカウントの登録をよろしくお願いします。



現在、レジリエンスに関する情報をライン公式アカウントのタイムラインに少しずつアップしています。

不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら