ジョニーウォーカー18年/バランタイン17年 旧ラベルを新入荷〜我が家のウィスキーコレクション

宅配ボックスに山崎の炭酸が届いていると思ったらもう一つ、ありますとアナウンス。

▲これを毎月箱買いしています。

取り出してみると、例のごとくウィスキーでした。

さてさて、今回は何が届いたんでしょうか。

ジョニーウォーカー18年/バランタイン17年 旧ラベル

今回やってきたのはその側の2本。間のウィスキーは比較用です。▼

パートナーのNickによると、バランタイン17年の旧ラベルが一番のお目当なんだとか。▼

同じ17年でも違うそう▼

なぜかバランタインの21年も並べている▼

▼ジョニーウォーカー18年

ジョニーウォーカー18年を味見。

早速ジョニーウォーカー18年をいただきました。

香りから甘いで、味もちょっと甘くて、飲みやすい〜また、12年とも違う味わいで、思ったほど重厚感ないんだそうです。

すぐにウィスキー飲むと思っていなかったので、たまたま私の晩御飯にキムチを入れてしまい、刺激物とウィスキーは合わない!ということを体感しました。

また、ゆっくり飲もうと思います!

最新情報をチェックしよう!