辛い出来事があった時にもしなやかに復活するココロの作り方〜レジリエンス ×Yes, and オンラインセッション〜 第一講 開催報告!

オンラインにてレジリエンス×Yes,and講座を開催しました!

本来はリアルでお会いしてできて方がいいのかなと思いつつも、オンラインでできることもあるのではないかと思い、またリクエストをいただいたので、開催しました!

第一講の私の想い・目標と受講者の方からの感想をご紹介します。

オンライン講座の目標① 主体的にも学ぶ/目的を明確にする

毎日課題を出させてもらっています。

講座=教えてもらうというイメージが強いかもしれませんが、自分で学ぶ時間(予習)と、きちんと自分でふりかえる(復習)という時間をとってほしいと思っています。

教えてもらうだけではなく、始まる前に自分で何を学びたいかを考えて学ぶと、最終的にインプットできる質がかわります。

上手にできることを目標にするというよりは、自分でも学ぶ時間を少しでもとってもらえるような学びの場を作っていきたいと思っています。

今回ご参加いただいた方々は素晴らしく、私のブログのレジリエンスを読んでくれていたり、他のサイトなどで、調べた上で、参加してくださいました。

目標も

・嫌なことが顔にでる。人とより良い関係を気づけるようになりたい。
・自分の意見が言えないことがモヤモヤする。言えないことがイヤ。どうしてか知りたい。

・浮き沈みが激しい、落ち込んでいないのに落ち込んでいるように見える、自分の感情を知りたい

など、それぞれのモヤモヤしていることを伝え合い、その気持ちに講座では一緒に寄り添っていけたらと思っています。

オンライン講座の目標② 自分のココロをたくさん感じてもらう

なかなか自分のココロに向き合うってしんどいことです。

だからなかなか一人でできない。

だけど、レジリエンスというツールを知って、自分で自分のココロを感じる時間が増えたらいいなと思っています。

今回からチャレンジしたいのが、受講者の方が全6回の中でどれだけ自分の捉え方に気付けるか。

私もレジリエンスを知ってから一年間くらいはよく理解できなかったんです

でも理解してから実践を続けていくことで自分の感情を感じられるようになったし、Yes, andと融合していくことで、たくさん気づくことができ、今はとても充実した気持ちで過ごしています。

この講座を通して、一つでも二つでも自分の気持ちに気づけるような時間になればと思います。

オンライン講座の目標③ Yes, andで体感してもらう

私自身、Yes, andを7年ほど学んできて、体感としてYes, andが染み付いていて、これがあったおかげで、捉え方が大きく変わりました。

Yes, andをアプライドインプロ(即興劇を応用した)ワークを通してたくさん学んできました。

このアプライドインプロのワークをしているも、自分の無意識がたくさん出てきて、気づきが多い。

インプロ(即興劇)っていうと、私にはできない!!って思う人も多いのですが、その“できない“を破るのも、インプロのワークだったりします。

私が学んできたのはアプライドインプロなので、インプロを応用した、簡単なものもあります。

オンラインでできないものも多いのですが、今回は言葉だけでもできるものをチョイスして講座に入れていきます。

言葉で書いて理解するだけではなく、体感いただけるのではないかなと思っています。

今回第一回目では、『そうだそうしよう!』というとってもシンプルだけど、楽しいワークをして、Yes, andを体感いただきました。

『楽しくなってきた〜』

と言っていただけて、私も嬉しい。

Yes, andな関係ができていると、安心安全な学びの場ができてきます。

楽しさともに、学びが深まっていくことを期待します!

初回の感想、ふりかえり

第一回目は『レジリエンスとは何か?』を理解してもらうことがテーマでした。

一般化されている言葉だけではなく、自分の中のレジリエンスを絵で描いてもらいました。

素敵な発想の絵が出来上がりました。

▲ Aさんの作品

太陽が一番のメインで、エネルギー、パワーが最大必要って言いたくて、水と土だけでは、ヒョロヒョロの木に…
でも、太陽の光がある事でりっぱで丈夫な木に育つと言う意味で書かれました。

Aさんから終わってから改めて見たら、なんか違和感があるとのこと。

その違和感はどんなところか、感じてもらえたらいいなと思っています。

ちなみに、レジリエンスは、辛いことがあったときにしなやかに復活する!!『復活力』『逆境力』のことをいいます。

私自身はレジリエンスという言葉には二つの要素があると思っていて、

・辛いできごとが起きた時にそこから復活するチカラ

・普段から自分強みを発見してココロの根っこを強くするチカラ

この絵は、そのうちの後者のイメージかなと思います。

▲ Bさんの絵。どんどん強くなっていく感じ。

鍛えると強くなれます!

お二人ともレジリエンスという言葉は、私がきっかけで知ったそうで、なんとなくこんな感じかなー?というところから始まりました。

それを絵で表してみてイメージを深めていきました。

ほかの例とともにご紹介しましたが、いろんな発想があっておもしろかったー!とも言ってもらいました。

Aさんの感想▼

『レジリエンス』初めて聞く言葉に緊張したけど、今日1回目の講座を終えて、人間が持っている力なんだと分かった。
1つ印象に残ったのが『ネガティブが必要な物』で、ネガティブとは、自分の中から排除する物、持ってはいけない感情だと思っていた。
だから、ネガティブな自分を責めたりもする事がちょくちょくあった。
でも、今日学んで、それが間違いだと分かって嬉しかった。
それに、なにより、このメンバーで学べる事が楽しい✨という事が一番!!
後、残り5回の講座が楽しみ!

▲ありがとうございます。ネガティブな感情ってダメなイメージがあるけれど、人間に必要な力。

だからこそ上手に付き合えると楽しいのです。そして、一人ではなく、ご縁のある、三人で学べるのが私も楽しみです。

Bさんの感想(抜粋)▼

ネガティブな思いにおちいってしまう自分を責める必要は全くないのかもしれない。大切なのは、そのネガティブな思いに“どう向き合っていくのか““どう行動を起こしていくのか“を考えたり、感じとったりすることなんだろうなと思った。
その一つの手段がレジリエンスであり、レジリエンスを学ぶことで、自分で自分をコントロールする力を身につけられると考えられると未来が楽しくなってきた。

レジリエンスが何か詳しくわからない私にとっても、説明や資料で1回目でもイメージができた。すごくわかりやすい講座だった。

▲ありがとうございます。自分で自分をコントロールできるようになれるようにお手伝いできればと思っています。

私自身、かなりメンタル面のコントロールがようやくできるようになってきました。

心理学、ファシリテーション(Yes, and)、レジリエンスの要素を詰め込んで、お伝えしていきたいと思います。

まだ若干名募集受け付けます。

ピンと来た方はLINEアカウントにご相談ください。

詳細はこちら▼

私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
" target="_blank" rel="noopener noreferrer">【受講者募集】辛い出来事があったときにもしなやかに復活するココロの作り方 オンラインセッション(レジリエンス × Yes, and) – Marikoさんの学ぶ日々

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

私が関わっている『未来をつくる教育フォーラム2019』が東京 御茶ノ水で
2019年10月6日(日)に開催されます。

テーマは『未来を切り拓く人財育成のために・・・』

教育関係者や保護者の方におすすめプログラム!
・アントレプレナーシップ(起業家精神)を身につける実践紹介
・Social Emotional Learning(SEL)の取り組み紹介

親子(小学生)で一緒に見て、聞いて、体験してほしいプログラム!
・子どもたちが自分の意見を発表し、議論する『白熱会議』×『未来同窓会』by 下村健一氏 (モデレーター)
・2020年から必修化!小学生向けプログラミングのワークショップ!
 小学生が実際に参加できます。また、ワークショップの時間以外にも
 教育関係者・保護者向けに相談体験会を実施します。

詳細はこちら▼
「未来をつくる教育フォーラム」は今年で3回目を迎えます。今回は、常に世界を意識して教育活動を展開されている方々の活動報告と、実際に体感もできるプログラムが実現! 「未来をつくる教育フォーラム2019」で、世界標準の生きる力を育むシーンに触れてください。
皆様のご参加お待ちしております!!
***************************************

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
https://mariko3.com/archives/8849 ***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら