未就学児のお子さんへの本の読み聞かせの方法

以前に友人の子どもたちに読み聞かせをしていたんですが、今になって、私が何気なくやっていたことの意味がわかったと友人が気づきをシェアしてくれたのが嬉しいかったので、ご紹介します。

これは読み聞かせだけじゃなくて、いろんな場面で通ずることなので、ぜひ参考にしてください。

子どもたちは本が好き

当時、3歳、5歳くらいだった子たちに本を読んでいました。

私が来たら本読んでもらえると喜んでくれていました。

本に集中しないって、大人が思い込んでるだけのことってあったりします。

だから、きっと好きって、信じてみることも大事。

全部読むことを目的にせず、子どもたちのペースで読む

その友人が言っていたことなんですが、

本を読むってことは、全部をちゃんと読まないといけないと思っていた。今となってはエゴだったって思うけど。

そりゃあ、大人のココロの負担は大きくなるよね。

と話していました。

私が読む時は全部読まなくてもいいという気持ちで、全部読みます。笑

基本的には、その子の興味を持ったページがあれば止まるし、進んだら飛ばす。

こちらの意図はできるだけ減らして、子どもたちのペースで読みます。

子どもたちのおしゃべりを大切にしています。

子どもたちが集中しなくても読み続ける

これも友人が気づいてくれたことなんですが、せっかく本を読み始めても、子どもたちが集中して聞いてくれないってことはよくある。

まずは、大人自身が読んでみたい本を読む

一緒に読もうと子どもたちを呼ぶ

子どもたちが来てくれたら読み始める

来てくれなかったら、一人で楽しそうに読む

へぇ!すごーい。とか適当に楽しそうな雰囲気を出す。

そしたら、気になってじわじわ集まり始める

まぁ来てもすぐにどっか行ったりするんやけどね。

気にせず、淡々と読み続ける。

そしたらまた来ます。

気づいたら、膝の上に座って、本について子どもから話し始めることもしばしば。

気分が乗らない日もあるし、毎回成功するわけじゃなくてオッケー。

でも、やっているうちに子どもたちからまた違う本を読んでとリクエストが来るはずです。

まとめ

本は子どもたちのココロをつける大切なモノです。

ぜひ、一日1冊でも少しずつ読んでみてあげてほしい。

そして、この感覚は、読み聞かせだけではなく、どんな遊びでも使えるワザです。

パズルをして遊ぶのも、まずは大人が楽しく遊ぶ。

子どもたちは少しずつ興味を持ち始めて、やりたがるけど、うまくできないからほどほどに手伝いながら一緒に遊ぶとすごく集中しました。

ぜひ試してみてください!

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

私が関わっている『未来をつくる教育フォーラム2019』が東京 御茶ノ水で
2019年10月6日(日)に開催されます。

テーマは『未来を切り拓く人財育成のために・・・』

教育関係者や保護者の方におすすめプログラム!
・アントレプレナーシップ(起業家精神)を身につける実践紹介
・Social Emotional Learning(SEL)の取り組み紹介

親子(小学生)で一緒に見て、聞いて、体験してほしいプログラム!
・子どもたちが自分の意見を発表し、議論する『白熱会議』×『未来同窓会』by 下村健一氏 (モデレーター)
・2020年から必修化!小学生向けプログラミングのワークショップ!
 小学生が実際に参加できます。また、ワークショップの時間以外にも
 教育関係者・保護者向けに相談体験会を実施します。

詳細はこちら▼
「未来をつくる教育フォーラム」は今年で3回目を迎えます。今回は、常に世界を意識して教育活動を展開されている方々の活動報告と、実際に体感もできるプログラムが実現! 「未来をつくる教育フォーラム2019」で、世界標準の生きる力を育むシーンに触れてください。
皆様のご参加お待ちしております!!
***************************************

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら