トラブルが起きた時にすることは自分自身を緩める、客観視する。

何かうまくいかないとき、人とトラブルが起こった時。

人のせいにしたり、ただただイライラしたりしてしまいます。

そんな時こそ、自分を癒すと周りとの関係やその後に起こることが変わります。

自分によしよし

いつも頑張っている自分自身を褒め称えましょう。

よく頑張った〜

大丈夫!

それぞれ褒められたい言葉で、自分を褒めましょうー

体を緩める

イライラするときはだいたい体も心も緊張状態。

私のおすすめはヨガ。

深ーい呼吸をしながら体をほぐしていくお、スッキリします。

ヨガのことがよくわからない方は、リラックスできる姿勢で、深ーい呼吸をします。

息を吐ききってから、ゆっくり(10秒くらいかけて)息を吸っていきます。

5分くらいするだけでも気持ちが楽に。

さらにできる方は、ストレッチをしながら、ゆったり呼吸しましょう。

すると体もほぐれてきます。

客観視する

イライラした出来事を書き出します。

書くだけでも客観的に見ることができます。

・何が起こったのか??

・どう感じたのか??

を書き出すと見えてきます。

まとめ

アンガーマネージメントってありますが、私はそれを専門に学んだわけじゃないですが、すこしその要素が入ってるかと思います。

イライラしたとき、うまくいかないときは、ココロもカラダも凝り固まってる可能性があるので、緩めていくと気持ちが変わります。

そして、客観視すると自分の次の行動が見えて変わってきます。

ぜひ実践してみてください。

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら