アトピー体質の私が手荒れをなくすためにチャレンジしたこと!

ここ7年ほど、手荒れがひどかったんです。

もともとアトピー体質で、かゆいのが当たり前の生活をしていました。

そこまでひどいタイプではないのですが、よく人から心配されていました。

ですが、ここ最近は少しの努力をしながら、かなりマシになってきました。

わたしなりの経験を書いておきたいと思います。

私のアトピーの特徴

小さい頃は、膝裏、首、背中、お尻とその付け根、などなどいわゆる汗がたまる場所がかゆくなりやすく、掻きだしたら止まらなくて、掻きむしった跡がひどい状態でした。

また、コンタクトを作るときにも目もアトピー体質なので、ワンデイのレンズは質がよくないので、辞めた方がいいと言われ、ソフトレンズの長期のものか、ハードをつけていました。

ただ、目は酷使しすぎたのか、ある日突然目がかゆくなり、つけられなくなりました。

今は目のかゆみがなくなったけど、今はコンタクトはつけられなくなりました。(これは母親と同じなので覚悟していました)

アトピー自体は、成長するにつれて、徐々にマシにはなってきたんですが、大人になって一番辛かったのが手。

冬になると手がカサカサ、指の先がアカギレしたりしていました。

アルバイトしていたときには、ダスターの液剤がきつく、手のひらが荒れたりしていました。

2ヶ月半くらい旅に出たら、治りました。

あと、ボディーケアのクリームを塗っていたときがたって、体は大丈夫なのですが、特に手のひらに荒れがひどく、使用をやめたりしました。

それがきっかけかはわかりませんが、そこから特に手は荒れがひどく、冬場は職場に着いたら、手のひらから血が出てくるなんてことが何度もありました。

料理をしたり、食器洗いをすると、かゆくなり、掻き出してしまいます。また、寝ているときにも無意識に掻いていて目がさめることもありました。

お酒を飲んだりすると体温があがり、かゆくなることも多かったです。

いろんな人にたくさんこれしたらいいよーとか優しさもいただくんですが、全てができたわけでもないですが、私なりに改善をしてきました。

食器洗い/料理

手荒れで一番つらかったのが、食器洗い。

ひどいときは手袋もしていましたが、それでもかゆくて辛い時期もありました。

洗剤はできるだけ優しいであろうモノを使うようにしています。

昔から何も変えてないですが、今は食器洗いをしてもかゆくなりました。

ヨガ

たまたま始めたのがヨガ。瞑想的な要素、体のめぐりを良くする要素、いろんな意味で私には合っていました。

ヨガに通い、ココロもカラダもすっきりすると次の日に、手のひらの荒れがマシになっていました。

ただ数日経つとすぐかゆくなるのですが。それでもちょっとマシになるなと感じていました。

最近は頻度高くはいけませんが、家でも意識して体をほぐすようにしています。

ココロを穏やかに、自分のカラダと向き合う時間を持てたことは変化の一つかなと思います。

漢方

友人の紹介で漢方を飲んでいました。

漢方飲み始めたら、かなりマシになりました。

半年以上は続けていました。かゆいーー!という時間がかなり減りました。

遠くて少し通いにくく、途中で辞めてしまったんですが、変わるきっかけになった気がしています。

ステロイド

漢方を処方してもらったときに、ある程度は治しなさいとステロイドのクスリをもらいました。

病院嫌いな私でしたが、ここは受け止めてみようと思って、あまりにひどいときは塗っていました。

塗ってすこしマシになったときは、あまり塗らず、できるだけ自分の力でと思っていました。

ここ1年くらいは全く塗らなくても大丈夫になりました。

いろんな考え方があるし、合う合わないもあるからそれぞれが決めたらいいと思っています。

食事

栄養バランスダイエットを始めてしばらくもうすぐ1年くらいたちます。

毎日できていたわけではないけれど、じわじわ減ってきています。

じわじわ体重が減ってきた。〜40代からの食べてやせる始める体のつくり方を1年実践してみての変化~ – Marikoさんの学ぶ日々

しっかりと栄養をとることを意識しているので、腸や肌の調子も良くなってきた気がしています。

アトピーの人は腸を整えるといいよーなんてよく聞きますが、それほど、便秘になることも少なかった私ですが、栄養バランスを意識するようになってからは、さらに腸の調子が良くなった気がしてきます。

アトピーがマシになったのも、栄養が満たされたからなのかなぁと感じています。

そもそも、こんな体質なので、出来るだけ加工品とかは食べず、出来るだけ家で作るようにしています。

旅に行く

これは手荒れががひどいからという理由で行ってたわけではもちろんなく、ただただ、旅が好きなだけなんですけど。

旅に出るたびに感じていたのは、旅に出ると手荒れがなくなる。綺麗になるんです。

私の予想は空気とストレスから解放されたこと。

そして、食器洗いをすることもないし、余計かも。

友人にも、田舎に行きなさいといわれたりします。

ここ数年は旅にたくさん行けてるし、ココロの持ち方も変わってきたからかな。

そんな風にも感じます。

ココロのことを学ぶ

これまでずっとココロのことを学んできました。

継続して学び続けることで、7年前の自分と比べて今の自分が進化したことを体感する~AIFA講座からの学び〜 – Marikoさんの学ぶ日々

▲ ファシリテーションで行動心理をたくさん学びました。

レジリエンスを学んでよかったこと[まとめ] – Marikoさんの学ぶ日々

▲レジリエンスでココロのクセを学びました。

先日の健康診断でも、不整脈と言われ、ココロの問題かと思うこともあるけれど、(笑)でも学んできたことで、自分というものを俯瞰して見れるようになりました。

ストレスとの向き合い方が変わりました。

呼吸も意識したり、できるようになったからかもしれません。

まとめ

アトピーって奇妙なというギリシャ語が語源と言われているそうですが、つまりはよくわからないんだと思うんです。

人それぞれだから、これがいい!なんてことは言えないけれど、諦めずにチャレンジすることかなと思います。

そして、カラダの調子を知ることはもちろん、自分のココロを知ることも一つなのかなと感じています。

あなたのかゆみが少しでも和らぎますように。

***************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。



ライン公式アカウントを始めました!

不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら