英語が話せるようになるために使いこなしたい動詞~tell/show/teach/buy/makeなど、SVOO/SVOC~

セッションをしながら、メンバーの苦手を発見していくことを意識しているんですが、これ使いこなせるといいなと思ったのが、動詞。

英文法でいうと、いわゆるSVOOやSVOCやSVCを使う動詞やそれに似たフレーズです。

話す上では、文法を知るというよりかは、どうやって使うかを知り、使いこなすトレーニングをしていきたい。

よく出てくるし、英語っぽいフレーズが言えます。

tell / show +人+モノ/コト 

“人“に“モノ/コト”を伝える/見せる。

のフレーズです。

 tell / show +人+モノ/コトと繋げるだけで表現でき、 tell / show +モノ/コト + to 人でも同じことが言えます。

例えば、

・I told her the story. (私は彼女にその話を伝えた)

= I told the story to her.

・I will show you the present from my friends later.(あとで、私の友達からのプレゼントを見せるね)

= I will show the present from my friends to you.

↑同じ言い方ができますが、モノ( the present from my friends)が長いので、I will show you the……の方がいいやすいと思います。

これと同じ使い方ができるのが、give/teachです。

make/buy + 人 +モノ/コト

上とほとんど同じで“人“に“モノ/コト”を作る/買う

のフレーズです。

違いは、言い換えるときに、tell / show +モノ/コト + for 人とforになるのが特徴。

I will make them a birthday cake.(彼らに誕生日ケーキを作るつもりなんだ!)

= I will make a birthday cake for them.

ask 人 aboutコト

よく使えるので是非知っていて欲しいのがask。

I want to ask her about her trip.(彼女の旅行について聞きたい!!

この時はabout を使います。

ask 人 to 動詞(ask/help/want)

人に~するように頼む(ask)、人に~することを手伝う(help)や人に~してほしい(want)などのフレーズです。

I asked my brother to bring my bag. (私は弟にカバンをもってくるように頼んだ。)

I help my mom to clean the living room up.(私は、お母さんがリビングを綺麗にするのを手伝った。)

I want my son to go to the kindergarden.(私は息子にその幼稚園にいかせたい/行って欲しい。)

name / call + 人 + 名前

これは、人(動物なども含む)に名前を名付ける/と呼ぶのフレーズです。

I named my dog Jon.(犬にジョンと名付けた)

Call me Mariko.(まりこと呼んでください。

のような感じです。

make + 人 + 状態

これは、まさに英語らしい表現。makeは作るという意味ではなく、“させる“の意味があります。

~が、人を~な状態にさせるという意味です。

例文は、

The story makes me happy.

直訳すると、その話が私を幸せ(な状態)にさせます。

という意味ですが、日本語としては不自然なので、“その話を聞いて幸せな気持ちにになった“と訳せたりします。

使いこなすために

このルールを意識してたくさんの例文を作ってみてください。

そして、何度も言って練習していきましょう。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら