パートナーのお弁当を作るときはちゃんと作らないと緊張する〜私の感情を客観視する〜

自分のお弁当を作るときには何の気兼ねもなく手抜き弁当が作れる。

なのに久しぶりにパートナーお弁当を作ることになったら、急に構えてしまった自分に笑えた。

ストレスではないけど、なんとなく、モヤモヤしたので、感じたことを客観視してみる。

どんな気持ちだった??感情は?

・パートナーの会社の人に、どんな風に思われるだろう?という不安。

・私のお弁当、色が汚いし、盛り付けも下手だしなという、できない自分への劣等感。

・いつも同じ弁当と思われるのはかわいそうという罪悪感。

こんな感じでしょうか。

そこから学ぶこと。

また出てきたのが、劣等感。

ずーっとこの劣等感が私にはたくさん現れます。

あと、まだまだ、不安もあるのかもですね。

かなりなくなってきたけど、ふとした時に現れる不安。

こんな風に自分の傾向がまた客観的に見えるんです。

その気持ちを自分で励ますと?

どんなお弁当であれ、作ってるだけで、素晴らしい!色合いも多少きれいでなくても大丈夫!!

できる範囲の工夫で、楽しくお弁当を作ろう〜!

周りの人の目が気になるから自分でダメだダメだと言ってるんですね。

それに気づいて、はげます。

今日もよく頑張ったなー。

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら