一般動詞とBe 動詞の違いを理解し、一般動詞(現在形・過去形・進行形・現在完了形)を使いこなすための基礎知識〜一般動詞は動作を表す〜

以前にBe動詞の基礎知識について書きましたが、そのBe動詞以外の動詞である、一般動詞の基礎知識をご紹介します。

Be動詞と一般動詞の違いを理解することができるようになると、表現の幅が大きく広がります。

一般動詞とは、動作を示す動詞であり、Be動詞以外の動詞である

以前に書きましたBe動詞は、イコールの動詞(〇〇は▲▲である)です。

一方、一般動詞は、動作をあらわす動詞であり、Be動詞以外の動詞です。

英語を話すための基礎知識その1〜Be動詞は2つのモノや状態がイコールになるときに使う〜 – Marikoさんの学ぶ日々

英語を話すための基礎知識その2〜Itが主語になるBe動詞の使い方〜 – Marikoさんの学ぶ日々

動作をあらわすとは、do(する)、play(遊ぶ)、make(作る)、like(好き)などです。

ほとんどが一般動詞で、たくさんありますので、基本から徐々にボキャブラリーを増やしていきましょう。

一般動詞の変化の仕方

一般動詞は時制によって形が変化します。

原形/ 現在形 : do / play / make (元の形/基本形)

現在形(3人称単数) : does / plays / makes(原形+s/原形+es)

過去形 : did / played / made (原形+ed / 不規則動詞)

過去分詞形 : done / played / made

進行形 : doing / playing / making (原形+ing)

それぞれの動詞によって、変化の仕方が若干違います。

例文をたくさん見ながら覚えていきましょう。

一般動詞の使い方を知る

一般動詞を使いこなすためには、基本的な使い方を知る必要があります。

make/ cook を使って基本的な使い方をご紹介します。

・現在形(I / you / we / they)

肯定文)I often make a cake.(私はよくケーキを作ります。)

疑問文)Do you often make a cake?(あなたはよくケーキを作りますか?)

否定文)I don’t often make a cake(私はケーキをあまり作りません。)

・現在形(He/ She/ It)三人称単数

肯定文)He(she) cooks every day. (彼は毎日料理をします。)
※ He/ She/ It(三人称単数)が主語の場合は動詞の後ろにsをつけます。

疑問文)Does he cook every day? (彼は毎日料理しますか?)
Sが前に出て、動詞自体は現在形にする。

否定文)He doesn’t cook every day. (彼は毎日料理しません。)

・過去形

肯定文)I made a chocolate cake yesterday.(昨日、チョコレートケーキを作りました。)

疑問文)Did you make a cake yesterday?(昨日ケーキ作ったの?)

否定文)I didn’t make a cake yesterday. (昨日ケーキを作らなかった)

・現在進行形(今している)be + 〜ing

肯定文)I am making a cake now.(今ケーキを使っているところ)

疑問文)Are you making a cake now?(今ケーキを作っているの?)

否定文)I am not making a cake now. (今ケーキを作っているところではないよ)

・過去進行形(あの時、していた)

肯定文)I was cooking when you called me.(君から電話もらった時、ちょうど料理中でした。)

疑問文)Were you cooking when I called you.(私が電話した時、料理中だった?)

否定文)I wasn’t cooking when you called me.(君から電話もらった時、料理をしていたわけではありませんでした。)

・受け身形(〜された)=be + 過去分詞形

肯定文)This cake was made by my mother.(このケーキは私の母によって作られた。)

疑問文)Is this cake made by your mother? (このケーキはあなたのお母さんによって作られたの?)

否定文)This cake isn’t made by the machine.(このケーキは機械で作られたものではありません)

・未来形=助動詞will + 原形

肯定文)I will make a cake tomorrow.(明日ケーキを作る予定です。)

疑問文)Will you make a cake tomorrow? (明日ケーキを作るの?)

否定文)I won’t make a cake. (私はケーキを作る予定はありません)

・現在完了形(したことがある)=have + 過去分詞形

肯定文)I have make a cheesecake before.(以前にチーズケーキを作ったことがあります。)

疑問文)Have you ever make a cheese cake? (今までにチーズケーキを作ったことある?)

否定文)I haven’t made a cheese cake.(私はチーズケーキを作ったことがありません)

I have never made a cheese cake. (私はこれまでに一度もチーズケーキを作ったことがありません)
※ never で一度もありませんという意味になる

現在完了はいろんな使い方があるので、まずは基本形を押さえましょう。

使いこなすためのトレーニング

一般動詞を使いこなすためのオススメトレーニングは、be 動詞と同じです。

文法を文法として集中して覚えるよりかは、実際に使われている英文から一般動詞の使い方を分析してみましょう。

例文)Are you making a cake now?

1、一般動詞を見つける。例)making
2、原形ー過去形ー過去分詞形を書く。 例)make-made-made
3、その文章かどの使い方をされているかを知る。 例)現在進行形の疑問文
4、フレーズを覚える。

完全に理解できるまで繰り返してみましょう。

一般動詞はかなりたくさんあるので、まずは文法の型を理解できるまでやってみましょう。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら