フィンランドの幼児教育についてのセミナーでの学び

私自身もフィンランドの教育視察ツアーに行って、大きな影響を受けました。

今でも大切にしている言葉がいくつもあります。

先日、フィンランドの幼児教育のセミナーを聞く機会があり、お話を聞いて改めていいなぁと思いました。

その1つだけ、ご紹介したいと思います。

大人が誘導しすぎず、子どものことを聴く。

やっぱり、聴くことなんです。

大人としては、どうしても何才になったらここまでできなきゃとか、誘導することも多い。

だけど、それ以上にフィンランドの教育で大切にしていることは、その子が何をしたいか?を聴きながら関わること。

フィンランドだからできる!のではなく、フィンランドも日本と同じやり方をやってきたけど、変えてきたんです。

まずは、一人ひとりが関わり方を変えてみると、もっと良くなるんだろうなぁ。

改めて、そうだよね。って思えた一日でした。

***************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。



ライン公式アカウントを始めました!

不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら