私が好きだったキャラクターを振り返る(ぐちぱんだ/ミドリのオジサン/ミニオンズ)

先日、友人と話していて、私が好きなキャラクターは少しだけ!、一癖あるキャラクターだったと振り返って楽しかったので、ご紹介します。

中学時代に好きだった“ぐちパンダ“

探してみると、

ぐちぱんださんのブログです。最近の記事は「何とか......(画像あり)」です。

こんなサイトがありました。

絵が下手くそな私でしたが。ぐちぱんだだけはかけました。

ノートとか筆箱とかいろんなものを集めていました。

ぐちぱんだの好きなところは、

・ちょっとひねくれてる感じ

・愚痴ってるコメントがおもしろい

の2点でしょうか。

中学時代からちょっとひねくれていた自分と重なる部分があって、共感したんじゃないかと思います。

今や、グッズもないだろうけど、私にとっては青春を共にした思い出のパートナーです。

ミドリのオジサン

大学の頃にはハマったのは、ミドリのオジサン。

オジサン オフィシャルサイト。オジサンダイアリーの歴史、製品紹介、デザインステーショナリーブランド「ミドリ」の知る人ぞ知るニヒルな人気モノです。

これは手帳で発見して、一目惚れ!しばらく使っていましたが、社会人になってからはやめました。

仲の良かった友人が3人もこの手帳を持っていたので、人気なんだなーと嬉しくなりました。

ミニオンズ

これは言わずもがなですが、あまり騒がれていない頃から好きでした。

映画をHuluで最初に見て一目惚れ。

周りの人に行ってもわからないだろうなーとしばらくらこっそりファンでしたが、じわじわと目に見えて人気が出てきて、堂々と好きになりました。

USJのミニオンパークが出来た時は、オープン3日目に行きました。

そして、一年だけ年パスを買いました。

今はUSJまではいかないですが、好きで、たまに映画を見て癒されています。

Marikoさんのまとめ

こうやってキャラクターを並べてみると、なんとなく、共通点が見えてきました。

見た目が可愛い!!というよりかは、ちょっと不思議なキャラクターが好きなんだなぁと。

キャラクターを通して改めて自分の“好き“に気づいた、1日でした。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら