安心安全な環境で自分らしくある〜得点をつけないからこそ、自由であれる私〜

本日は、AIFAのインプロショーをしてきました。

師匠のひかるちゃんからの言葉

『人生はインプロ(即興)だ』

というところに共感していて、インプロというものにトライし続けている。

ちょうど一年前にチャレンジしたときに、インプロに得点をつけていくゲームをして、ダントツのビリ。

2回目の7月も僅差のビリ。

かなり凹んでいました。

むしろトラウマ。

今回は初めて、得点をつけずにインプロをしました。

私にとっては、とっても居心地が良く。

これまでより自分らしくあれる感じがしました。

もちろん周りの人への信頼が大きいのですが、それでもやっぱり自由であった気がしています。

これまで学生時代に点数でしか自分を図ることができなくて、他の人に認められたかったけど。

認めてもらえることの方が少ない。

心理学を学んで、自分自身を愛せるようになってきたので、得点ではなく、ありのままでいいやって思えるようになってきた。

でもやっぱり得点や評価を意識すると、自分らしくあれなくなる。

そんなことを改めて感じた一日でした。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら