質問は人生を変えるの本から学ぶ

以前にさっと読んでいた本を読み直しました。

メンタルヘルス協会でも心理学を学んでいた時に、マツダミヒロさんのことを知っていたのと、周りで魔法の質問の講師をされている方がいたので、すぐに買いました。

以前に実際に聞いたことのある話も含まれていましたが、改めて読んでみると、すっと入ってくること、改めての発見もありました。

しっかりこころに留めておきたいことを中心に早速ご紹介します。

魔法の質問のルール

『答えは全て正解』

『答えはできなくても正解』

『答えは全て受け止める正解』

以前この話を聞いて、救われました。

これまでは、すぐ答えを出さなきゃいけないと無意識に思っていたが、答えがでないときにそんな状況も味わえるようになった。

どこでも使える、4つの質問の流れ

  1. 何を?what?

2.本当に? Are you sure?

3.それで?What do you want?

4.どうすれば?How?

と順に聞いていくことで、人生が劇的に変わるそう。

どこかで試してみよう。

まずは自分の心を満たす

テクニックよりも、あり方が大切。

あり方の例として書かれているのが、5段のシャンパンタワーのグラス。

それぞれの段を人にたとえてみる。

1番上の段から自分
2段目は家族
3段目は仕事のスタッフや友達
4段目はお客様
5段目は社会や地域の人々

ワインを上から注ぐのに、上の段から満たさないと、全てを満たすことができない。

自分を満たすことで周りの人にもエネルギーを与えることができるということです。

ここ数年、私自身もこれをずーっとやってきている。

かなり幸せな方だと思うけど、なんとなく自分自身にオッケーが出せなかったり、自己嫌悪に陥ったり。

凹んで笑顔が減ったり。

だから、出来る自分を増やすための時間をたくさんとったり、好きなことをブログにアップする。

そして、ここまで継続できたことが自信になり、元気が出た。

ここまでこれたので、次の段階に行けるんだろうなと本を読んで改めて思いました。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら